東京・秋葉原にてパソコンで絵を描く一日講座を開催してきました!

東京 デジタルイラスト セミナー 絵を描く!

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて使いたいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

次回12/15開催、残り3席!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ハシケン
当サイトは運営者の自分が長年絵を描く仕事をしてきたことから、主に初心者向けのデジタルイラストの描き方やノウハウをお伝えしています。

 

ただどうしても文章だけじゃ説明しきれない部分もあるので、2016年12月からはデジタル絵の描き方やソフトの使い方を一日で理解してもらう講座を開催してきました。

 

 

 

講座名を【デジ絵ワークショップ】と言い最初は人数もなかなか集まらず不定期開催でしたが2018年以降はありがたいことに毎回満員御礼となっていて、デジタルで絵を描けるようになりたい人たちの一番最初に役立つ場になるよう講師としても誠心誠意努めています。

 

 

さて少し前の話になりますが、2018/5/21にも【デジ絵ワークショップ】を秋葉原の貸会議室で開催してきました。

 

初の著書でもある「ブログ×絵×ブランディング」の原稿作業のため半年ほど開催を控えていましたが、久々の告知にも関わらず満員御礼で盛り上がったので今回はその様子も踏まえてご紹介します。

 


スポンサードリンク

5/21秋葉原SPACE BRIDDレンタルスペースで【初心者向けのデジタルイラスト講座】を開催してきました!

実際のワークショップの様子です

 

「誰でもデジタルで自由に絵を描いて使えるようになってほしい!」

 

ハシケン
↑これが、当サイトで掲げているテーマです。

 

絵の表現力には非常に大きな力があります。

 

ブログやSNS、ビジネスやブランディングまで様々なことに活用できます。単純に市販の絵素材を利用するのもいいですが、オリジナルの絵を自分で用意できて使えるようになればより大きな成果が得られることにもつなげていけます。

 

ハシケン
当サイトでも(自分自身が長年絵の仕事をしてきたことは当然ありますが)ブログに絵を取り入れるようにしたところ右肩上がりでアクセスが集まりだし、2018年10月時点で月間30万PVを達成しました。

 

ただ、デジタル絵というものは専用ソフトを使ったりペンタブなどアナログでない新ツールを使う必要があるため特に初心者の人にはハードルが高く感じられると思います。

 

何を隠そう、自分自身も絵の仕事をしてきたとはいえアナログからデジタルに移行したのは30をずいぶん過ぎてからという遅咲きでした。

 

ハシケン
・・・なのでデジタル習得の大変さもいまだによく覚えてるんですね;

 

でもそんな自分だからこそ、デジタルで絵が描けるようになりたい人の力になれるのではとの思いから【デジ絵ワークショップ】という講座を始めることになりました。

 

おかげさまで2018年10月の開催で通算10回を数え、参加いただいた方も50名を突破しました。

 

 

仕事が忙しく時間が取れない大人のための限定一日講座として喜ばれています

 

一般的に若いうちは独学でも新技術の習得は早いものですが、大人になって普段仕事に追われているとなかなかまとまった時間も取れずデジタルで絵を描くという新たな領域に一歩を踏み出せない人も多いと思います。

 

ハシケン
本を読んでも専門用語の羅列で何から手を付けていいかわからない、かといって誰に教わっていいかもわからない・・・機材は揃えたもののそこで止まってやめてしまう人も珍しくはないでしょう!;;;

 

なので【デジ絵ワークショップ】は一日限りでデジタル絵の基本を理解してもらうという目的のもと行っています。

 

絵を描くために最低限必要な知識に絞ってワークとともに吸収していただくことで、実践的な技術を参加者の皆さんに持ち帰っていただけるようプログラムを組んであります。

 

ペイントソフトの縛り以外はなんでもありです!

 

おかげでここ最近の開催は毎回満員御礼となっており、【デジ絵ワークショップ】でご提供している限定一日の集中講座は会場から離れた新潟や岡山といった遠方から新幹線でこのためだけに上京し参加いただく方たちもいらっしゃるほどです。

 

ハシケン
ブログやメルマガだけでは伝えきれないデジタル絵の活用方法は前述の著書でもお伝えしてきましたが、ワークショップ形式という実践講座も加えることでより多くの人が自由に描けるようになってもらえたらとの願いで毎回4時間の熱い集中セミナーをお届けしています!

 

スポンサードリンク

デジ絵ワークショップの流れ

講師(中央)は4時間解説しっぱなしですw

 

【デジ絵ワークショップ】は4時間の集中講座となっています。

 

2時間半ほどを集中的な説明や操作の解説に費やし、1時間半を参加者さんの実際のワークという時間配分で交互に織り交ぜながら進んでいく流れとなります。

 

参加者の方は20代~50代の男女で、男女比は4:6と女性の方がいつも少し多い印象です。

 

  • ハンドメイドにイラストを使いたい
  • ブログに自分の絵を活用したい
  • 仕事のホームページに絵を活かしたい
  • アナログしか描いたことないのでデジタルを覚えたい

 

 

皆さん、目的は様々ですが共通しているのは自分で何かを表現できるようになりたいという強い思いだと感じています。

 

ハシケン
そのためのお手伝いをしっかりできるように、講師を務める自分としても毎回真剣勝負で臨ませてもらっています!

 

実際にご参加いただいた方のご感想

元々アナログは得意だけどデジタルは・・・という方も多く学びにいらっしゃいます

 

終了後は毎回アンケートを書いていただいてますが、過去ご参加いただいた方のなかから抜粋して掲載します。

 

 

 

過去のワークショップに参加いただいた方が感想をブログにしてくれました

まともにデジタルで描くのは初めてという方がほとんど!

 

また、ブログ記事にしていただいた参加者さんもいたので代表していくつかご紹介します。

 

▼第六回(今回です)開催にご参加いただいたH様

 

▼第七回開催にご参加いただいたU様

 

▼第八回開催にご参加いただいたT様

 

まとめ:デジタル絵やブログに関するセミナー&ワークショップ講師、随時募集しています

描くために必要なことを集中的にお伝えしています

 

参加者のみなさんが思い描いている「デジタル絵が描けるようになることで獲得できる未来像」に少しでも近づけるご協力がしたく、講師の自分も喉をカラカラにしながら毎回挑んでいます。

 

【デジ絵ワークショップ】は現在も次回開催分の募集を行っています。

 

年内にデジタルで絵が描けるようになりたいと思ったら、お忙しい中で一日だけ余裕を作ってご一緒に学びに来てください。

 

 

 

また、デジタル絵や絵の力をブログなどの情報発信・ブランディングに活かす方法などについての講演、各種セミナー・ワークショップ講師なども随時募集しています。

 

ハシケン
まずはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

次回12/15、年内最後の開催です

スポンサードリンク