絵を描く仕事で会社で働いてきて特につらいと感じた3つのこと

絵を描く仕事 つらい

スポンサードリンク

★絵の力を手段として活用したいあなたに贈る特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒240分でデジタル絵の描き方がわかる!次回11/26開催!

【コンテアニメクラブ】⇒自宅でデジ絵が学べる超初心者向けデジ絵オンラインスクール!

【キャラデザ】⇒あなたそっくりのキャラで差別化・ブランディングしよう!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

自分は2015年春に独立して個人事業主になりましたが、それまでは会社に属して社員として様々な絵を描く関連の仕事をしてきました。

 

最初は漫画家を目指してアシスタントなどしながら原稿を描いて応募し、夢破れたあとは遊技機スマホゲームの開発会社に勤めてきました。

 

会社で絵を描く仕事をしてきた経験の中で特につらかった3つのことがあります。

 

  • プライドがへし折られる
  • 興味のない絵を描かなきゃいけない
  • 将来の見通しが立てにくい

 

 

ハシケン
・・・今振り返ってみても、この3つは自分の中でなかなか大きかったなと感じます。

 

もし絵を描く仕事に進みたいと思ったり、まさに今働いているなら考え方の参考の一つにでもしてもらえたらと思います。

 


スポンサードリンク

会社の仕事として絵を描く中で自分のダメさを日々実感させられプライドが消えていく

絵を描くプライド

 

絵を描く仕事の会社に入るということは、当然周りに絵を描ける人が多くいる環境になります。

 

必然的に、自分よりはるかに絵のうまい人とも出会いその人の指導を受けるわけです。

 

 

ハシケン

自分は元々独学で漫画家になろうとしたクチなので、人に教わって絵を描いてきてなかったんですね。

そりゃー無駄なプライドばかり肥大しちゃってるわけです・・・

 

 

その鼻っ柱を、自分なんか比較にならないくらい上手い人からガンガンへし折られます。

 

しかも相手の言ってることって基本的に正しいから反論するとかいう次元じゃなくて、ただもう自分のだめさばかり溜まっていきます。

 

 

元々自分自身が技術めちゃめちゃあると思ってたわけじゃないですが、想像以上に全然駄目だったんだな・・・と毎日まざまざ突き付けられる感じですね。

 

ハシケン
力量の差を知るという意味で必要な洗礼ですが、これはなかなかにきつい・・・!

 

絵を描くことを仕事にするってことは、利益を出せる絵を描くってことです。中で絵を描く人間は、売り物になる技術を持っていることが最低条件です。

 

売れない絵を何枚描いてても意味はないし、毎月支払われる給料の対価として自分がどれほど役目を果たしたのかは考え出すとドツボにはまります。

 

 

・・・自分の上限に気づいてからは、人よりうまく描くことは諦めていかに効率よく仕事を回せるかを最優先テーマにしていきました。

 

ハシケン
芸術家肌の絵かきではない自分にとっての、それが唯一の生き残り方だった気がしてます。

 

趣味じゃない、興味もない絵を仕事のためだけに描く日々

絵 描きたくない

 

利益になる絵には、描き手の趣味など一切関係ありません。売れる(と会社が考える)ものを描けないなら会社にい続けることができません。

 

ハシケン
だから自分が興味のないジャンルでもやるし、苦手なものでも食らいついていこうとしないといけないんですよね。

 

あくが強い、個性が前に出すぎる絵柄の場合はいくらベテランでも流行とマッチングできずやめてく場合だってあります。

 

特に今は、スマホゲームなどでもゲーム内での絵柄の統一が求められるので他人の絵にいかに合わせられるかという技術は今後ますます要求されていくはずです。

 

ハシケン

自分なんかは週刊少年誌で漫画家を目指してたこともあり、そっち系は描けてもいわゆる萌え系はホント苦手でした・・・。

最近人気の、乙女系の男キャラなんかも~まったく無理ですね(笑

 

 

でも会社に属してる限りやらざるを得ない状況があるわけです、興味も対応能力もないのに。

 

やってくうちに興味を持っていければまだいいんですが、どうやったってそうならないものも中にはあるんですよね。

 

『なんで俺、こんなの描いてるんだろう・・・?』

 

・・・と思い出すと、どうにもつらいわけです。毎日の仕事が憂鬱で憂鬱で仕方なくなります。

 

 

ちなみに、そういう素養はなるべく社内で率直に言っておくのがコツです。得手不得手ってどうしてもありますからね。

 

人手が足りなかったり他に適切な案件がないときは仕方ないけど、あらかじめ言っておけばとりあえず積極的に入れられることは減ります。

 

ハシケン
その代わり、別の何かでビシっ!と成果を出す必要はありますが・・・

 

スポンサードリンク

10年、20年先に今いる業界は存続してるのか? 絵を描く仕事だけで家族をいつまで養えるのか?

未来 仕事 見えない

 

自分が絵を描く仕事で正社員として働いてきた会社は三社あって、最初の二つはいわゆる遊技機と呼ばれるパチンコ・パチスロのアニメーションを作る仕事。

最後の一つがスマホゲームでカードイラストの監修をするアートディレクションという仕事でした。

 

遊技機は定期的にお上の締め付けが入ってそのたびに業界の景気も下がり、スマホゲームはいくら高い予算でゲーム作ってもコケるときは派手にこける・・・というある意味遊技機以上にギャンブル要素の強いどレッドオーシャンな業界に仕上がってきています。

 

 

☑ 果たしてこの先、何年自分はこの業界で仕事をしていけるのか?

☑ 数年後、業界はどうなっているんだろう?

☑ 自分の絵に上限が見えて上達をあきらめた今、この先何ができるんだ?

☑ 絵を描く仕事で会社にいて、妻や子をいつまで養っていけるんだろう?

☑ ボーナスも退職金もろくにないのに、定年になったらいったいどうなる?

 

 

エンタメ系の業界は移り変わりが早いので、旬に対応できないとすぐ先が閉ざされます。自分自身の年齢がある程度になってくると新しいことを取り入れることもしにくくなってしまいます。

 

管理職として上がっていけてればいいですが、その道さえ見えてなかったら天才的な絵描きの技術がない限り終わりです。

 

たとえ目先の一、二年生き残れたってその翌日リストラなんてことも充分ありえます。

 

 

自分はもう、誰か別の人が作った会社に属して興味の持てない絵を描いて生き残れる自信はありませんでした。

 

その先も会社組織に参加して仕事すること自体、周りの同僚にも商品にも失礼だし・・・続ける資格はなかったんだと思います。

 

ハシケン
それもあり、独立して個人事業主になって自分の好きな事業をはじめて3年目に入りました。

 

今回のまとめ

デジタル お絵描き 機材

 

元同僚なんかも、次第に会社から独立して自分の道を進む人が増えてきています。年齢的にもちょうどそんな時期なんでしょう。

 

ハシケン

もちろん、絵を描く仕事で勤めてきたことは自分にとっては財産です。

辛いこと以上に楽しいことだっていっぱいあったし、いい友人・同僚にもホントに多く恵まれました。

 

独立してから今、絵を軸に据えた個人事業を進めていけてるのは紛れもなく当時の経験があったからこそです。

 

 

特殊なスキルから始まる仕事の末路って、いまさらながらほんと難しいと感じます。みんなどこかで必ず決断の時が来ると思います。

 

これからその道に進む、もし今働いているなら少し先に自分はどうしていくのかを常に考えながら行動していけると・・・大きく困る事態から回避できるかもしれません。

 

ハシケン
行き当たりばったりでいかないよう、戦略的に進めましょう!

 

 

↓ 絵の就職・転職活動にはコツがある! ↓

 

 
絵を描く仕事 つらい

『自宅で好きな時にデジ絵が学べる!』

 

いつでもどこでもデジ絵学べる

デジタル初心者向けオンライングループ


独りで悩まずプロに聞こう!

『たった4時間でデジ絵の基本的な描き方がわかる!』

 

デジタル初心者向けワークショップ

 

わずか1日で『アニメ塗り』の手順が理解できます


次回11/26開催!

『あなただけのキャラを持とう!』

似顔絵 写真から イラスト化

ビジネス・ブログで目立つには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵なら
顔出し以上に好かれたり?

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年7月時点で月間28万PV)。