好きなイラストを描いてお金を稼ぐ方法と手順を絵のプロ目線で徹底解説!

絵やイラストを描いて稼ぐ方法 おすすめ まとめ 絵を描く!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

今はデジタルで絵を描く機材も充実しているせいか、絵を描く人の人数も年々増えてきています。

 

ハシケン
そんななか、イラストを描いてお金を稼げないか・・・なんて考えたりすることもあるんじゃないでしょうか? いやいやあるでしょうw

 

今回の記事では実際に長年絵の仕事をしてきて独立した目線もふまえて、絵で稼ぎたいと思った時の効果的な進め方やポイントをまとめて紹介します。

 

ハシケン
せっかくの絵の技術を副収入的に育てることは不可能じゃありません、でもラクなわけでもないので覚悟した上で進めていきましょう!

 

まず絵で収入を得ることのメリット・デメリットをおさえておこう

絵で稼ぐ メリット・デメリット

 

まずは実際に絵やイラストを描いてお金を稼ぐことの良さや注意点に関して、メリット・デメリットに分けてまとめます。

 

メリット①家にいたまま作業できる

 

おそらくイラストを副業として行っている人の7~8割程度が在宅で仕事をしているはずです。

 

もちろん出向せざるをえない業務もありますが、意図的にそういうのを選ばなければ大丈夫です。

 

メリット②好きなタイミングで仕事ができる

 

特に在宅で絵の仕事をしているなら、締切にさえ間に合うなら基本的に好きなタイミングで進めていけます。

 

ハシケン
だからこそ副業に向いていると言えますし、やりやすい人も多いでしょう♪

 

ただしっかり予定に間に合わないと厳しいことになるので、予定に従ってしっかり進めていくことも欠かせません。

 

メリット③数をこなせば収入も上がる

 

ハシケン
枚数を増やしていけば、今より月収を増やしていくことは当然可能です!

 

ただその分こなすべき作業量も増えていくので、不可能ではない量を見極めてコントロールしていくことが欠かせません。

 

デメリット①単価が安い

 

基本的に、イラストの単価は安いことが多いものです。

 

よほど名の売れているプロのイラストレーターなら別ですが、多くの場合が平均的なバイトの時給に達するかどうかギリギリのラインになることも多いでしょう。

 

ハシケン
ときには戦略的に考えながら、単価を調整していくことも必要ですね♪

 

デメリット②作業量が増えがち

 

あわせて、ほしい収入を稼ぐためには枚数を増やしていくしかないのも一般的なイラストの仕事でよく見られる傾向です。

 

経験を積んだりネームバリューをあげないと単価はなかなか上がらないので、必然的に収入を増やすなら枚数増しか手段がないということになります。

 

ハシケン
余力も考えながら、予定を組んでいくことが大切です・・・

 

デメリット③自分の成長がわかりにくい

 

基本的に自分で判断して絵を描いていく形が多いので、誰かが助言してくれたりすることは少ないでしょう。

 

依頼を受けて描く、クライアントワークと呼ばれるものは別です。

 

うまくやらないと視野が狭くなってなかなか成長できない状況に陥りがちなので、定期的に目を外に向けて視点を新しくすることも心がけてみましょう。

 

現在、絵やイラストを描いて稼ぎたいならデジタルスキルは必須の時代!

絵を稼ぐ方法 デジタルスキル

 

今、絵で稼ごうと思ったらデジタルで描ける技術は必須・・・というかまずクリアしていないとダメでしょう。

 

何するにしてもデジタルですし、その上でアナログも武器にできたらいいですがまず入り口としてはデジタルで絵が描けることが必要最低条件になります。

 

 

・・・でももし独学でデジタルを上達できる自信がないなら、『デジタルイラスト講座』を使ってみるといいでしょう。

 

最近は特に感染対策もあって家にいたまま学べる【通信講座】が増えているので、お休みやスキマ時間など好きな時間とペースで絵で働くための技術をのばしていけるでしょう。

 

ハシケン
以下では絵を仕事につなげたい人に人気の講座を2つ紹介しておくので、興味があれば資料請求などで詳細を確認してみてください

 

①じっくり絵の力を高めたい人におすすめ:「イラスト・キャラクターデザイン講座」

ヒューマンアカデミーイラスト・キャラクターデザイン講座

©2021 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.

公式サイト:https://human-yakan.com/

 

全国展開している「ヒューマンアカデミー」が運営している『イラスト・キャラクターデザイン講座』は、一人ひとりに合わせた細かい指導が評判で直接プロの講師から具体的なアドバイスをもらいながら絵の描き方やコツを学んでいけます。

 

内容は完全初心者から学べる基礎コースと経験者向けの応用コースに分かれていて、『趣味として楽しく絵がうまくなりたい』~『絵で副業・就職したい』などそれぞれの目的にあわせて受講が可能です。

 

特に最近人気の『通信講座』はDVDを使う形式なのでわからない部分もくりかえし学習でき、自由なタイミングとペースで絵を仕事にするために必要な絵の技術を高めていけるでしょう。

 

 

特典あり今なら資料をとりよせるだけで「キャラクターの描き方ガイドブック」が必ずプレゼントされています

 

 

②少しでも早く絵で収入を得たい人におすすめ:たのまな「イラストマスターコース」

たのまな

Copyright(C) Human Academy Co.,Ltd.ALL Right reserved.

公式サイト:https://www.tanomana.com/

 

こちらの『たのまな』では非常に多くのジャンルの講座を運営していて、ひとりひとりの身につけたいスキルや興味に合わせて細かくコースを選んでやりたいことに集中して学んでいけます。

 

なかでも最近は在宅ワークに適したイラストやWebグラフィック・動画クリエイターなどが人気を集めていて、最短二ヶ月で仕事をするために必要な知識とスキルが身につけられます。

 

趣味で描きたい人ではなく、完全にイラストで仕事や副収入に結びつけたい人向きの講座です。個別のサポートや仕事を探すための段取りまでくわしく教えてもらえるので、少しでも早く実際に絵でお金を稼げるようになりたいときにおすすめです。

 

 

これからイラストを描いてお金を稼ぐ代表的な手段6選

絵で稼ぐ方法 代表的なもの

あ、これは5本だった・・・

 

それでは最後に、イラストを描いてお金を稼ぐ代表的な手段を6つ紹介します。

 

会社に属して社員として絵を描く、などの方向性は除外しています。

 

最近の大定番、ストックイラスト

 

最近とにかく増えているのが、イラストACPIXTA等といったサイトに登録してフリー素材などのイラストや画像素材を上げていくストックイラスト制作です。

 

そもそもの数がないとなかなか成果にはつながらないですが(最低100以上という説も)、それでも自分のペースで好きなように進められるのでまずイラストでお金を稼いでみたいという初心者からベテランイラストレーターまで門戸も広く人気です。

 

自サイト運営+広告収入

 

自分のサイトを持ちそこに描いた絵素材をどんどんアップロードし、ページ内に貼った広告(Googleアドセンスなどが有名です)をクリックしてもらうことで収入を稼ぐ方法もあります。

 

ハシケン
たとえば有名な『いらすとや』などは、このような収益の形が元々の始まりだったはずです・・・おそらく

 

LINEスタンプ作成&販売

 

一時期人気だったのが、オリジナルのLINEスタンプを自分で作成して販売する手段です。

 

好きなものを描いてお金が入るので理想的ですが、とにかくスタンプ自体が完全に飽和したのと最低限描く枚数も数十枚必要だったり画像の制約も意外と細かいので労力に見合ったリターンもないので最近はあまりおすすめできる手段でもなくなりました。

 

純粋にスタンプ制作の代行という稼ぎ方もあります。

 

SNSで発信

 

少しそれますがTwitterやインスタのSNSアカウントを持って絵や漫画を発信していき、人の目に止まって仕事の依頼を受けるという流れも最近は結構増えています。

 

マンガなどはうまくやれば出版への道がひらけることもあるので、それなりの戦略は必要ですがリスクなく手軽に始められる手段としては魅力的でしょう。

 

ハシケン
ただ収益化まではそれなりに時間も必要ですし、必ずリターンがあるわけでもないのが難しいところですね・・・

 

フリーランス専用サイトに登録

 

ココナラランサーズクラウドワークスなどのスキル系サイトに登録して仕事の依頼を待つ方法もあります。

 

コンペ形式の募集があれば自分から応募するのも手ですが、狭き門なのも確かなのでわかった上で挑戦すべきでしょう。

 

ハシケン
実績が貯まるまではしんどいですが、そこそこ形になってくれば比較的安定した仕事も得やすくなりますよ

 

イラスト仲介業者に登録

 

たとえばスマホゲームのカードイラストなどは、メーカーと関連のある仲介業者が登録しているイラストレーターに発注するのが基本です。

 

予めポートフォリオとともに登録しておけば、作品のテイストと合うときには発注が来ることもあります。

 

安定したメーカーと出会えれば、毎月仕事をもらうことも可能です。

 

ハシケン
ただ必要とされるレベルは年々上がっているので、相当の技術も必要な厳しい世界ナノは覚悟しておきましょう・・・いまの流行を追いかけることも非常に重要です(監修する立場のアートディレクターやってましたw

 

まとめ

絵で稼ぐ方法 どうしたらいい?

 

絵で稼ぐ方法は現在様々あります。

 

あなた自身の働く状況の希望とも合わせながら、理想の状態を探していくと比較的望むスタイルに近づきやすいでしょう。

 

ただどの進み方もそれなりに最初は苦労するので、下地となる画力や技術もしっかり身につけながら一歩一歩地道に進めていくことが必要になるはずです。

 

 

▼社員として絵の仕事をしていきたいならこちら!

絶対イラストレーターになりたい!プロになるには遠回りせず近道を進もう