イラストレーターに最適なノートパソコンを安い費用で手にする方法

イラストレーター ノートパソコン 選び方 絵を描く!

今すぐデジタルで絵を描けるようになってやろう!

パソコンやタブレットでイラストや漫画を描いてみたい、でも始め方がよくわからない・・・そんな悩みを解消したい900人以上が手にしたコンテアニメ工房特製Ebookを数年ぶりに無料配布中!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

絵やイラストを描きたい、イラストレーターになりたい・・・そんなときに悩んでしまうのがデジタル機材の選び方でしょう。

 

ハシケン
なかでも『パソコン』については、選ぶ基準もいろいろで悩むことも多いんじゃないでしょうか?

 

でも今は間違えなければ、それほど高くない費用で快適にイラストを描いていけるパソコンを手に入れられるのが実情です。

 

今回は絵を描きたかったりすでにイラストレーターの人たちに向けてイラスト向けのノートパソコンの選び方とオススメの買い方・最新機種情報までを、実際に長年絵の仕事をしてきたプロ目線でまとめてお伝えします。

 

ハシケン
理想の環境を手にして、楽しくイラストを描いていきましょう♪

 

ノートパソコンでイラストを描くメリット・デメリット

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

※当サイト主催のイラスト講座の様子です

 

まずは、ノートパソコンで絵やイラストを描く場合のメリット・デメリットから簡単に見ておきましょう。

 

イラストにノートパソコンを使うデメリット的要素

 

  • 画面サイズに物理的な限界がある
  • デスクトップより拡張性が低い

 

 

最近のノートパソコンは、スペック的にデスクトップと比べてそこまで劣っていることもないので絵を描く上では基本的に問題なく使っていけます。

 

気になる点としては、平均的にモニターがデスクトップPCより小さくなるということです。こればかりはどうしても物理的に上限があるので、デスクトップほど広々使うのは難しいのが現実です。

 

イラストのために快適に使うには最低でも15インチ以上、なるべく17インチ以上の画面サイズが理想ですがそうなるとノートパソコンの携帯性も損なう場合があるのでバランスを考えながら選ぶ必要があります。

 

ハシケン
その他の部分に関しても構造的にデスクトップのようにあとから拡張するのは難しいところがあるので、買う段階である程度高いスペックを選んでおいたほうが安心です!

 

イラストにノートパソコンを使うメリット的要素

 

  • 好きなところに持ち運べる
  • 寝たままでも描ける

 

 

上でも書いたように、画面サイズ以外の機能的にはデスクトップとノートはそこまで変わりません。

 

ノート側の最も大きい利点は場所を選ばず好きなところに動かせて、極端な話ベッドやこたつで寝っ転がりながらでも絵が描けることでしょう。

 

さらにパソコンを手にした以上は絵だけじゃなくネットや動画鑑賞にも使うでしょうから、携帯性が高くどこでも使える点は意外と重要になるかもしれません。

 

 

ハシケン
これから実際にPCを選ぶときは、メリット・デメリットの部分も意識しながらあなたがどのような状態で使っていきたいかをぜひ意識してみてください

 

パソコン 配置 絵を描くとき

 

さらに絵を描くときはペンタブレットなども必要になるので、ある程度のスペースがどうしても必要になります。

 

予算も大事な点です。高いスペックのパソコンのほうが快適に絵を描いていけるのは間違いないですが、だからって過剰な費用をかける必要はありません。

 

ハシケン
スペックと予算を兼ね備えた選び方については、次章で詳しく紹介します!

 

費用をおさえつつ理想のスペックのパソコンを手に入れる方法がある?

在宅イラストレーター 働き方

 

イラストを描くためにノートパソコンを選ぶときには、最低限次のようなスペックを満たしておく必要があります。

 

  1. モニター・・・フルHD(1980✕1080)以上
  2. CPU・・・intel core i5以上
  3. メモリ・・・8GB以上
  4. ストレージ・・・SSD200GB以上(HDDなら1TBが最近の標準)

 

・・・といってもこれは特に難しいレベルではなくて、現在販売されてるノートPCなら問題なく満たしているでしょう。

 

ハシケン
あなたの予算の許す範囲でスペックを高めておくのが、一般的な方向性になると思います

 

 

ただし、いわゆる近所の大型電気店でパソコンを選ぶのはあまりおすすめできません。

 

ご存知のように店舗で売られている有名メーカー製のパソコンは、住所録や年賀状作成などムダなソフトがたっぷりインストールされているためそもそも費用が高くなりがちです。

 

でも、イラストを描くためのパソコンがほしいときはそんなソフト一切必要ありません。高いスペックさえ実現できるなら、正直言ってメーカーさえたいして問わないのが実情です。

 

 

このようなことで悩んだときに検討してみてほしいのが、ネットで買えるクリエイター向きのパソコンなんです。

 

ムダなソフトを一切排除して費用を安くできる『クリエイターPC』とは?

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

 

上の『マウスコンピューター』はテレビCMもよく流れているので、見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

 

このような企業が販売しているのが『BTOパソコン』というもので、購入時にこちらが希望すればスペックを高くして買うことができる商品です。

 

Copyright © MouseComputer CO.,LTD. All Rights Reserved.

 

BTOのなかでも特に絵を描いたり映像編集するために販売されているパソコンは『クリエイターPC』といった名称で、多くのイラストや映像のプロが実際に利用しています。

 

新しく買ったパソコン

※自分もマウスで買ったノートPCを使ってます

 

プロのクリエイター仕様とはいえ別に難しいわけではなく、OSも普通にWindows10が入っていて普段のパソコンと何も変わりません。

 

ハシケン
必要に応じて購入時にスペックを高く希望もできる、お店側で組み立てて送ってくれる自作パソコンだと考えればいいでしょうw

 

ムダなソフトを省けるぶんスペックを高くしつつも費用をおさえられるので、そのぶん保証を手厚くしても一般電気店のパソコンよりもお得にすませられる機種が多くなっています。

 

イラストレーターや絵を描く人に向いている最新『クリエイターPC』

デジタルイラスト 講座 講師 ハシケン

 

 

今回は最後に、イラストや絵を描く際に適したノートパソコンを2つほど例として紹介しておきます。

 

ハシケン
今後の購入で悩んだときの参考にしてみてください♪

 

①お手頃価格で場所を取らずお絵描きできる、良スペックなノートPC

mouse X5-R7

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gmouse-x5-r7/

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen™ 7 4800H プロセッサー
グラフィックスAMD Radeon™ グラフィックス
メモリ8GB (4GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ512GB (NVMe対応)
モニタ15.6型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
価格99,800円~(税込109,780円~)

 

 

 

②ストレスなくどこでもデジタル絵を楽しめる、ハイスペックなノートPC

DAIV 5P

公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-5p

 

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-10750H
グラフィックスGeForce® GTX 1650
メモリ16GBメモリ
ストレージ512GB SSD
モニタ15.6型 フルHDノングレア (LEDバックライト)
価格139,800円~(税込153,780円~)

 

 

 

まとめ

絵が上達する 秘訣 コツ

 

スペース的に余裕があって持ち運ぶ必要がなければデスクトップのほうがいい場合もありますが、『携帯性』というのはやっぱりノートPCならではの大きな魅力です。

 

とはいえ普通に電気店で店員さんに言われるがままに選ぶとムダに費用がかかってしまうので、今回紹介したクリエイターPCなども活用して出費をうまくおさえながら必要な機材を揃えていってください。

 

ハシケン
イラストを楽しく描いていくには快適な環境作りが欠かせません、お絵描きでストレスが溜まることのないようしっかり整えていきましょう!!

 

 

▼次はこちら!

イラスト通信講座おすすめ19選!デジタル初心者こそオンラインで上手くなろう