クリスタのレイヤー合成モードの使い方と使い分けをおさえておこう

クリスタ 合成モード 使い方 クリスタ

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描けるようになりたいあなたのための教室★

わずか4時間で「クリップスタジオ(クリスタ)」の基本の使い方が理解できる! 

クリスタ 1日教室 講座

次回10/26開催、残り2席!

 

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

クリスタに限らず、ペイントソフトには「合成モード」という便利な機能があります。

 

合成モードを変えることによって、通常では難しい色の効果をレイヤーに与えることができます。

 

ハシケン
今回はレイヤー合成モードの使い方とそれぞれの機能についてくわしくまとめます!

 


スポンサードリンク

クリスタのレイヤー合成モードとは?

 

設定したいレイヤーをアクティブ(選んだ状態)にし、レイヤーパレットの左上にあるボタンを押すと合成モードの項目が開くので好きなものを選べば即座に効果が反映されます。

 

クリスタレイヤー合成モード

 

合成モードはレイヤーごとにいつでも変更可能です、またいつでも自由にON・OFFできるので何度でも効果を試せます。

 

クリスタレイヤー合成モード種類

 

スポンサードリンク

クリスタの合成モードの基本的な使い方

 

一例ですが、効果を加えたい絵の上に新規レイヤーを作り全体を塗りつぶすか適当な色を塗ります。

 

クリスタレイヤー合成モード使い方

 

その状態で合成モードを開いて効果を選ぶとリアルタイムで表示が変わるので、自由に合成モードを選んで決めましょう。

 

クリスタレイヤー合成モード使い方

 

複数の中から1つのレイヤーのみに合成モードの効果を与えたい場合は対象レイヤーにクリッピングします、またいくつかまとめて効果を与えたい場合は新規フォルダを作って必要なレイヤーを格納しましょう

 

クリスタレイヤー合成モードクリッピング

クリッピングの方法

 

クリスタレイヤー合成モードフォルダ

レイヤーフォルダにまとめる方法

 



デジ絵ワークショップバナー画像

クリスタのさまざまな合成モードの効果説明

 

合成モードの種類は、非常に多くあります。

 

ハシケン
クリスタは初期状態の「通常」を含めると28種類も存在しているんですっ・・・!

 

ポイント!PhotoshopやSAIなどペイントソフトごとの合成モードは度合いや効果が微妙に異なることが多いので、もしPSDに書き出ししてソフト間を移動したい場合は必ず実際の見た目を確認するようにしましょう

 

 

ここからはキャラクターレイヤー(A)の上に二色に分かれたレイヤー(B)を配置し、(B)側の合成モードを順次変更していく結果をすべて載せていきます。

 

クリスタレイヤー合成モード通常

 

以下に関しては正しい言葉での説明が必要ですので、公式の説明を”枠内”で引用させていただいています

 

通常 ※初期状態です

 

クリスタレイヤー合成モード通常

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色をそのまま重ねます。

 

ハシケン
何もしないとそのままこのような状態になります、そのままです・・・

 

比較(暗)

 

クリスタレイヤー合成モード比較(暗)

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を比較し、暗い方の色を採用して合成します。

 

乗算 ※スクリーンの反対

 

クリスタレイヤー合成モード乗算

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を掛け合わせて合成します。合成後は、元の色より暗い色になります。影などを塗る際に使用されます。

 

ハシケン
キャラクターの影色など、非常に多く使われる効果なのでまず最初に覚えておきましょう!

焼き込みカラー

 

クリスタレイヤー合成モード焼き込みカラー

銀塩写真の「焼き込み」のような効果が得られます。下のレイヤーの画像の色を暗くし、コントラストを強くしたあとに、設定中のレイヤーの色を合成します。

 

ハシケン
次に出てくるリニアと含めて面白い印象を引き出しやすい効果です、使い勝手も悪くないのでいろいろ試してみると面白いと思います♪

 

焼き込み(リニア)

 

クリスタレイヤー合成モード焼き込み(リニア)

下のレイヤーを暗くしたあとに、設定中のレイヤーの色を合成します。

 

減算

 

クリスタレイヤー合成モード減算

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を引いて合成します。合成後は、元の色より暗い色になります。

 

ハシケン
慣れないと効果的に使うのはなかなか手こずるかもしれませんね・・・

 

比較(明)

 

クリスタレイヤー合成モード比較(明)

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を比較し、明るい方の色を採用してそれぞれの色を合成します。

 

スクリーン ※乗算の反対

 

クリスタレイヤー合成モードスクリーン

下にあるレイヤーの色を反転した状態で、設定中のレイヤーの色を掛け合わせて合成します。乗算の反対の効果が得られます。合成後は、元の色より明るい色になります。

 

ハシケン
これも非常に多く使われます、絵をもう少し明るい印象にしたい・・・などのときに適宜色を載せてスクリーンをかけるといい感じのイメージになるので試してみてください!

 

覆い焼きカラー

 

クリスタレイヤー合成モード覆い焼きカラー

下のレイヤーの画像の色を明るくし、コントラストを弱くします。色のメリハリが弱くなります。

 

ハシケン
・・・上のサンプルだとちっともいい印象に見えないでしょうが、状況に応じて覆い焼きと使い分けると意外といいんですよ;

 

覆い焼き(発光) ※覆い焼きカラーの上位版

 

クリスタレイヤー合成モード覆い焼き(発光)
[覆い焼きカラー]よりも強い効果が得られます。

 

加算

 

クリスタレイヤー合成モード加算

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を足します。デジタルで色を加算すると明るい色に変化します。

 

加算(発光) ※加算の上位版

 

クリスタレイヤー合成モード加算(発光)
[加算]よりも強い効果が得られます。

 

オーバーレイ

 

クリスタレイヤー合成モードオーバーレイ

明るい部分は[スクリーン]、暗い部分は[乗算]の効果が現れます。合成後は、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く表示します。

 

ハシケン
これも非常によく使われています、絵に独特の深みを加えたい・・・というときにもおすすめです!

 

ソフトライト

クリスタレイヤー合成モードソフトライト

重ねた色の濃度に応じて、結果が異なります。明るい色同士を重ねると[覆い焼き]のように明るく、暗い色同士を重ねると[焼き込み]のように暗く表示されます。色の部分に重ねずに描画した場合は白になります。

 

ハードライト

 

クリスタレイヤー合成モードハードライト

重ねた色の濃度に応じて、結果が異なります。明るい色同士を重ねると[スクリーン]のように明るく、暗い色同士を重ねると[乗算]のように暗く表示されます。

 

ハシケン
今回例として使った色ではまったくうまくいってないですが、組み合わせ次第で印象は全く変わってくるので一度試してみて下さいね;

 

差の絶対値

 

クリスタレイヤー合成モード差の絶対値

下にあるレイヤーの色と、設定中のレイヤーの色を引いて、その絶対値を採用して先に描いた色の部分と合成します。

 

ビビッドライト

 

クリスタレイヤー合成モードビビッドライト

設定レイヤーの色に応じて、コントラストに強弱を付けて合成します。明るい色を重ねると[焼き込み]を適用して画像を明るくし、暗い色を重ねると[覆い焼き]を適用してコントラストの強い画像にします。

 

リニアライト

 

クリスタレイヤー合成モードリニアライト

設定レイヤーの色に応じて、明るさを増減して合成します。

 

ピンライト

 

クリスタレイヤー合成モードピンライト

設定レイヤーの色に応じて、画像の色を置換して合成します。

 

ハードミックス

 

クリスタレイヤー合成モードハードミックス
[差の絶対値] に近い効果で、[差の絶対値] よりコントラストが低めに合成されます。 設定レイヤーが白の場合、設定レイヤーの色が反転した状態で合成されます。設定レイヤーが黒の場合、下のレイヤーの色がそ のまま表示されます。

 

除外

 

クリスタレイヤー合成モード除外

設定レイヤーのRGB の各値を、下のレイヤーのRGB の各値に追加します。

 

ハシケン
・・・ここから下の効果は割とマイナーな部類かもしれません、意図的につかうというよりはなんとなく使ってみたら想像以上にハマったという状況の人も多いかも?

 

カラー比較(暗)

 

クリスタレイヤー合成モードカラー比較(暗)

設定レイヤーと下のレイヤーの輝度を比較し、値が低い方の色を表示します。

 

カラー比較(明)

 

クリスタレイヤー合成モードカラー比較(明)

設定レイヤーと下のレイヤーの輝度を比較し、値が高い方の色を表示します。

 

除算

 

クリスタレイヤー合成モードカラー除算

下のレイヤーの各RGB 値を、設定レイヤーの明度で割ります。

 

色相

 

クリスタレイヤー合成モード色相

下のレイヤーの明度と彩度の値を維持したまま、設定レイヤーの色相を適用します。

 

彩度

 

クリスタレイヤー合成モード彩度

下のレイヤーの明度と色相の値を維持したまま、設定レイヤーの彩度を適用します。

 

カラー

 

クリスタレイヤー合成モードカラー

下のレイヤーの明度の値を維持したまま、設定レイヤーの色相と彩度を適用します。

 

輝度

 

クリスタレイヤー合成モード輝度

下のレイヤーの色相と彩度の値を維持したまま、設定レイヤーの輝度を適用します。

 

実際のレイヤー合成モードの使い方参考

 

では実際にどのように合成モードを使うのかということですが、描いたイラストに深みを与えるため用いたり違和感をなくす目的で使う状況が一般的です。

 

クリスタレイヤー合成モード実際の使い方

 

たとえば夕焼けの前に立っているキャラにオーバーレイでオレンジを合成したり、海の前にいるキャラに青色で合成したりすることで絵としての統一感が出せます。

 

上の動画でも行っていますが、レイヤーの不透明度を下げることでそれぞれの効果をいい程度に調整することもできるので覚えておきましょう。

 

クリスタレイヤー合成モード実際の使い方

 

その他キラキラしたエフェクトなどを加えることでも面白い表現が可能なので、クリスタの素材や商標フリーの柄をダウンロードしていろいろと試してみると面白いでしょう。

 

ハシケン
複数のレイヤーを重ねた上でそれぞれの合成モードを変えてさらなる効果を引き出す・・・なんてことも上手なイラストレーターさんたちはやっています。

組み合わせ次第で無限の表現ができるのでぜひ挑戦してみて下さい♪

 

まとめ

 

合成モードは必ず使わなきゃいけないものではないですが、多くのプロのイラストレーターが絵の雰囲気を引き上げるために用いています。

 

まずはいろいろな効果を知って、この絵なら何が合うんだろう・・・などとダメ元でやってみると徐々につかんでいけるでしょう。

 

ハシケン
逆にやりすぎると何がなんだかわからなくなることもあるので、まずはポイントを絞って試してみてくださいね!

 

 

▼次はこちら!

 

 

 

たった4時間でクリスタの基本の使い方がわかる!

デジタルイラスト ワークショップ

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも自由にデジタル絵を描けるようになりませんか?

 

次回10/26開催、残り2席!

 

スポンサードリンク