子作りのタイミングはいつがいい?ぶっちゃけオススメは30歳!?

コウノトリ 赤ちゃん ほしい

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

キャラデザ

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

★毎月限定6体まで、完全受注制作で絶賛販売中!

 

どうも、生まれ故郷の名物『鰹のタタキ』が最近妙に食べたくてならないハシケン(@conteanime)です。

 

世間では少子化若者の結婚離れなど好き勝手に言われてますが、自分も多分に漏れず結婚は30の中頃でした。当然子どもはそのさらに後になり、具体的な数字は伏せますが・・・娘の成人式と自分のちゃんちゃんこ(カラー:ワインレッド)がギリギリ被らず済んでホッとしてる状況です。

 

流れに身を任せた結果このタイミングになったわけですが、30くらいで子どもできるのが丁度良かったんじゃないかなーと思うことって最近多いんですね。子どもとの生活を送る中で、そういう考えに至るようになったというか。

 

今回は自分がかなえられなかったからこそ強く感じている、子作りの理想の時期に関してまとめてみたいと思います。ぜひ、考え方の一つとしてチラ見してって下さい。(・・・医学的見地からとかそういうのは一切無く、ごくごく軽い話ですのであしからず/笑

 

スポンサードリンク

データから見る結婚年齢とママ・パパになる年齢の平均

 

データ 出産

 

 

厚労省のまとめによると、男女の平均初婚年齢の推移は年々上がっているようです。今は男女で30を挟みこむあたりが平均値のようですね。

 

 

こちらのデータを見ると、初産の平均年齢は30.4歳となっています。男性は32.5歳でパパになる人が多いようで、どっちも30を越えてますね。

 

この後どこまで上昇していくんでしょうかね・・・今回のテーマとはそれるので言及しませんが日本の将来を考えると気になります(苦笑

 

今回のタイトル『子作りのタイミングはいつ頃がいいの?ぶっちゃけ30歳がオススメ!』は、データから見ても時流にそっててあまり面白みのない意見であることがよくわかっちゃいますね(笑

 

子どもとの比較で己の老いを痛感する状況が多い・・・

 

年齢 年寄り 子供

 

『子どもの授業参観で若いお母さんとして行けるよう早く出産したい』なんて言葉を昔は何かで聞いた気がしますが、最近もそのノリは存在してるんでしょうか?

 

リクナビ等の転職サイトの区分で言うところの、『クリエイティブ』系の職種で長年やってきて感じるのは仕事が私服だと日常的にスーツ着て仕事してる同年代より若さを維持できるんです。コレはもう間違いないです。

 

良し悪しを言いたいのでもアンチエイジング的な自慢でもなく純粋に周りを見てて感じることで、実際自分もこれまでは実年齢よりだいぶ若く見られることが多かったです(・・・悪い意味で歳を重ねられてないという説もありますが/笑

 

子どもあるあるの一つが『最初の子どもはとにかくめっちゃ写真を撮る』だと思うんですが、そうすると0歳の肌の横にウン十歳のおっちゃんが並ぶので否が応でも年齢を実感させられていくわけですね。

 

子どもが生まれるまではあまり感じてなかったんですが、あーやっぱりそれなりの年齢になってるなあと感じることが増える増える・・・一回そう思い始めるとプラシーボ的な循環でどんどん老けたと感じることが増えていき、子供生まれてからの約二年で自分の老いをやたら痛感するようになっちゃいました(笑

 

30あたりで子供出来てたらここまでは感じなかったんじゃないのかなあ・・・と思うわけですよ。

 

またよく言われることですが、子どもと一緒に遊ぶのってやっぱりそれなりに体力いるわけです。外で遊ぶことじゃなくても体力使うんです。我が家は娘で2歳前なのに感じてるから、男の子なんてなおさらでしょうね・・・。

 

親が30辺りなら当然(?)ピチピチしてたはずなのでより一層遊べてたのかなあと思うと、もうちょい早くても良かったかなあ・・・って思うんですね。親側だけじゃなく、子どもにしてもお父ちゃんが元気百倍な方が嬉しいはずですし(笑

 

子どもと一緒に過ごすことのできる期間の差と、後悔なく過ごすためのコツ

 

時間

 

遅く子どもが出来ると自然、一緒に生活できる時間が短くなります

 

親自身が既に歳を重ねてることで病になる確率も上がってるでしょうし、親がいくつで死ぬにしても20で出来た子どもと40で出来た子どもとじゃスタートから20年の差が付いてるわけで。

 

ただ、こういうのって子どもが出来てようやく感じられるようになる部分なんですよね。

 

独身の時にはこんな発想は自分の中になかったですし、自分の子供にいつか会ってみたい気持ちはあっても焦ってなかったし未経験なぶんコトの重要性もわからなかったしで。

 

自分もそうだったからよく分かるんですが、子どもがいないとわからない部分って本当に大きくて周りがどうこう言っても別に響かないし余計なお世話にしかならないことがすごく多いと思うんですよ。

 

でも親になった人間としては子どもが出来たことでわかった事実って、知らないでいる友人とかに伝えたい部分もあって・・・でも鬱陶しいだろうなって事も知ってるから、ジレンマですよねほんと(苦笑

 

子どもと生活してて日々強く感じてるのが、あーこの瞬間って絶対あっという間に終わっちゃうんだろうなってことなんです。

 

子どもの成長って本当想像以上に早くて、パパママにくっついてる時間なんて一瞬しかなくて、気づくと友だちといるほうがすぐに楽しくなって、オヤジの下着と一緒に洗うとかマジ最低なんだけどーみたいになってて、オヤジは焼酎を相方に涙を枕で汚して・・・。

 

子どもだった自分自身が通ってきた道だからこそ、先の展開がぼんやり見えるつらさってあるわけですよ。

 

だからこそ、せめて一緒にいられる時間を楽しくすごすにはある程度の若さと元気さが必要だとつくづく感じるんです。もう戻れないこの瞬間、後悔ないよう送るためにも・・・です(笑

 

25でなく、35でもなく、30の親デビューをオススメする理由

 

親 家族

 

20代前半で親になる人もいっぱいいますし、それを否定するとかではもちろんありません。

 

ただ個人的に振り返ってみた時、20代という活力にあふれた貴重な時間は目一杯自分一人のためだけに使っていいと思うんですね。

 

自分という人間を全力で磨いて成長させることを優先していい時間・・・とでも言うんでしょうか。

 

いずれ結婚して家庭を作るにしても仕事の基盤となるものは当然必要だし、責任のないフリーな状態であれこれ試して失敗して・・・その中でこれだってものをつかむためにがむしゃらにあがいてもがいて過ごす時間が、20代だろうと。

 

・・・自分自身がうまくやれてたわけじゃ全然ないから、振り返っても余計にそう思うんです(笑

 

派手に失敗しても挽回出る時間だからこそ・・・自分づくりにしっかり邁進して、目一杯遊んで、なるべくなら失敗したくないであろう家族を作る時間はもう少しあとに回してもいいんじゃないかって感じるわけです。

 

まあそれがおそらく、最初にまとめた平均データとして表れてるんだしよくある考え方なんでしょうが(笑

 

さいごに、

 

子供 大事

 

出来ればもっと早く自分の子供に会いたかった気もしないではないけど・・・現実問題、自分が30の時にはまだ人生をどうするかもまともに見えてなかったし今のタイミングになったのってやっぱり必然なんですよね。

 

もし早かったりすると今の妻にも子どもにも出会えてなかったわけだから・・・そもそも考えるだけ無駄な話なんですが(笑

 


 

コウノトリ 赤ちゃん ほしい

『顔出しせずに覚えてもらえる!』

キャラデザサンプル

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵


【キャラデザ】!


きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。