【父育日記(ちちいくにっき)】 ~プロローグ①~

赤ちゃんの足の写真

スポンサードリンク

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方と活用がわかる!』

ワークショップ アイキャッチ

デジタルでイラストを描いてみたい超初心者さん向けのワークショップです。一緒に手を動かすことで、描くために必要な要素だけに集中して理解できます!

次回開催:2/19(日)13:00~17:00 会場:秋葉原駅付近貸会議室

お申込みは1月31日まで!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

会社員として日々過ごしているお父さんでない状況をあえて選んだ親父のケースを記録に残すのも、もしかしたら世の中の誰か一人くらいのお役には立てるのかも・・・てのはさすがに大げさですが(笑

 

娘の育児に携わることで、父である自分も育ててもらってるという、よくいわれる逆説的な事柄をテーマで書いてみたいと思いました。

 


 

パソコン スマホ ビジネス

 

事業を興してまずは在宅で仕事を始めたのも元はと言えば、もっと家族の近くで仕事をしたいという気持ちが育っていったのが大きく影響しています。

 

思うに至ったそもそもの原因は、東日本大震災でした。

 

東日本大震災 慰霊碑

 

あの3月11日結婚式からちょうど一カ月後で、関西から千葉に嫁いで来た妻の待つ家には当日帰れませんでした。まだ周りに知り合いもいなかった彼女は、さぞ不安な思いで一夜を過ごしていたことと思います。

 

(その夜は関西の友人たちが一晩中メールで励ましてくれてたそうで、一方の自分はなかなかメールが届かなかったり、電池が切れたりする不安もあり、まめに連絡が取れなかったという状況だった記憶があります)

 

当時は高田馬場の会社に勤めていましたが、電車も全て停まり築40年くらいの古いビル内のオフィスで余震にびびりながらネット動画などで津波の映像など呆然と見つつ、油断すると日常からかい離してしまいそうな非現実な状況でした。

 

白黒 時計 モノクロ

 

とにかく、昼間の二回の地震の後はひたすら不安定な時間だったという印象がとても強く残っています。確か二回目だったと思いますが、一番激しかった揺れが長く続いて止まらない時は

 

「あれ・・・・・・俺、まさかここで死ぬのか?」

 

と感じたのを、今でも本当によく覚えています。あれだけ死を間近に感じた事は過去ありませんでした。その後の津波の映像にしても、あまりに想像外な映像過ぎて現実と感じにくいものでした。

 

当時はスマホでもなかったのでTwitterなどの各種SNSは使用してなく、家族や友人との連絡はつながらない電話メールのみでした。

 

幸いに必要な人の無事は確認できたので無理に歩いて千葉まで帰ることは諦め(14時間かかるとわかってやめました)、その日は深夜から近くにあった友人宅に泊まり、朝になってから電車を乗り継ぎ昼ごろようやく千葉の自宅に戻りました。

 

最寄駅の一つ前から歩いて帰った道程で幼馴染がバイクで迎えに来てくれていて、そこでようやく少し肩の力を抜きながら話しつつ帰ったものでした。

 

自宅では電気などが止まることを心配して予め大量に作ったおにぎり用意されていて、適当にほおばりながら妻との再会をかみしめました。あのとき窓から見た淀んだ昼間の天気は、今だによく覚えていますね。黄砂でもないのにモヤって・・・そんな天気では実際なかったんですが。

 

その後は買い出しに行ったりしながら、明りもいつもより暗く棚に何もなくなったスーパーを見てこれまでのいわゆる普通の生活は全て終わってしまったのではないかと感じました。

 

放射能 計測 ガイガーカウンター

・・・余談ですが、その後の原発事故で地元はピンポイントでホットスポットとされてガイガーカウンターを買うためにヤフオク初めて利用して詐欺にあったりしたもんです(安い額ですが笑)、

 


 

 

事故直後は念のため放射能を避けるために妻だけ関西に帰らせ、一人で布団に入りながらネットで事故の続報を見つつひそかに命の危険も感じてました。どうしても、小学校時代にはだしのゲンが図書館にあった世代なので『放射能』は問答無用で恐怖の対象だったんですよね・・・。

 

事故の直前までやっていた『Fallout: New Vegas』という、核戦争後の世界を舞台としたゲームもまさか自分が現実にフォールアウトをくらってしまっては・・・もうやってらんねえよ!という感じで、それ以来すっかりやめた想い出もあります(苦笑

 

また、あんまりが痛くなるという事がそれまでなかったんですがしばらくは胃痛と下痢に悩まされた記憶もあります。Mr.プラシーボなどと最近では自嘲気味に言うんですが、割と何でも形から入る分影響も簡単に受けるたちなんですよね・・・。

 

なんにせよそんなこんなで震災を経験した自分ですが、当日帰れなかった事がずっとその後引っかかることになります。

 

「・・・次また同じ事があったら、どうする?」

 

自分が近くにいたからと言って、家が破壊されるような震災がきてはどうする事も出来ないんですが、いざという時に家族のそばにいられない自分のサラリーマン状況が心情としてどうにも受け入れ難くなっていきます。

 

悩む子供の写真

 

でも生活のためにはそんなこと後回しにするしかないのでやがて転職しますが次の会社の勤務地は新宿で・・・これも何かあった時にはどうにもできない距離なので、心の奥底でひそかに悩み続ける日常を送っていくという次第でした。

 

※ちなみにその転職時、会社の入ってるビルの築年数だけは一応気にして転職先は築3年くらいの超新しいところだったのも記しておきます(笑

 


 

スポンサードリンク

赤ちゃんの足の写真

シェアよろしくです!

自分で絵を描いて自由に使えるようになろう!

 

鉛筆での落描き程度が出来るなら

きっとあなたもデジタルで

絵を描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位に表示される

【コンテアニメ工房】特製無料E-book

高く感じるデジタルお絵描きのハードルを

一気に飛び越えましょう!

 

コンテアニメ工房 Ebook

たった一日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

デジタルでイラストを描きたい超初心者さん対象のワークショップです。

一緒に手を動かして、描くために必要な要素に集中して理解できます!

 

次回開催は2/19(日)秋葉原、申込みは1月31日まで!

 

顔出しせずにネットで副業も始められる!

 

普通、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事には繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さん達にオススメなのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

直接顔を見せていなくても

現実のあなたと違和感ない対応が可能です。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

  

キャラデザ CTA 1103

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏市在住。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲーム制作に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)キャラクターデザイン、『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】を同8月末に開設し個人事業をスタート。※2017年1月時点で月間20万PV突破。アニメ似顔絵【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を自由に活用できるための【デジタルワークショップ】、イラストを活用するためのセミナーなど順次展開中。