個人事業主やフリーランスに今おすすめの銀行口座はこれだ!

個人事業主 屋号付銀行口座 お金 個人事業主

スポンサードリンク

★絵の力を活用したいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】1日でデジタル絵の基本の描き方がわかる! 次回5/13開催!

【キャラデザ】表情まで変えられる似顔絵キャラであなたをしっかり覚えてもらおう!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

個人事業主としての一歩を踏み出したら欠かせないのがお金の管理です。

 

会社独立後にビジネスの専用口座を持つと持たないとでは、あなたのお金関連の手間がまるで変わってきます。

 

ハシケン
自分は2015年に個人事業主として独立し、税務署に開業届を出してからすぐ屋号付き銀行口座を作りました。

書いてる時点で独立から3年弱経過しましたが、作っておいて良かったと感じる場面がかなり多かったです

 

 

今回は、独立した個人事業主やフリーランスがビジネス専用の銀行口座を持つことのメリットから、独立後のおすすめ口座・クレジットカード情報まで実体験も交えつつ詳しく解説します。

 

ハシケン
お金を楽に管理出来るかどうかであなたの事業の進め方は大きく変わってきます、あとで困らないためにもしっかり整えておきましょう!

 

 

目次


スポンサードリンク

個人事業主やフリーランスとしてビジネスするなら屋号を活用しよう!

個人事業主 銀行 おすすめ

 

税務署に開業届を出すと正式な屋号が持てます。どんな事業をしているか伝わりやすくしたりブランディングの意味でも屋号の存在は大きな意味を持ちます。

 

開業届の提出時に屋号が未定なら空欄で提出しておいて、あとから申請することも可能です。

 

使い勝手のいい『屋号付き銀行口座』

 

あなたが個人の事業を進めていく中で、ネット上や実店舗でサイトや店名のついた振込口座を記載したい状況が発生すると思います。

 

法人ではない個人事業主やフリーランスも自分名義以外に銀行で屋号+本名という名義の通帳を作れます、それが屋号付き銀行口座(=営業性個人口座)です。

 

税務署に登録した屋号でのみ作れます、届けのない単なるサイト名では作れません。

 

 

屋号付き口座を作っておくと『屋号○○○○』『屋号○○○○+氏名△△ △△』どちらの振込先でも取引できるよう、あなたが自由に設定できます。

 

ハシケン
例えば屋号が『コンテアニメ工房』で名前が『ハシケン』とします。webサイト上に銀行口座を書く必要があったら・・・↓

 

三友FJ銀行 日本支店 普通 1234567 コンテアニメコウボウ

三友FJ銀行 日本支店 普通 1234567 コンテアニメコウボウ ハシケン

 

このどちらでお客さんに振り込んでもらっても大丈夫となります、状況に応じてあなた自身で好きに使い方が決められ便利です。

 

『屋号』の記載は必須です、逆に『氏名』だけだと駄目なのでその点は気をつけてください!

 

個人事業主やフリーランスが屋号付き銀行口座を開設する4つのメリット

個人事業主 銀行 おすすめ

 

  • 本名を伏せて振込先を記載できる
  • 屋号で事業内容が明確に伝わる
  • 印象として信頼性が増す
  • ビジネス用のお金の流れをまとめられる

 

通常の本名口座でももちろん振り込んでもらえますが、振り込む側も屋号あてのほうが個人名より信用度合いが上がる側面があるため購入機会の増加につながります。

 

また屋号付口座を持っているということは要は銀行の審査を通ったということになるので、必然的に個人名より信用されやすくネット上での振込障壁も下がります。

 

ハシケン
逆にデメリットは特にありません、使い方自体も普通の口座とまったく変わらず開設も基本無料でネットバンキングにもほぼ対応しています。

 

 

さらにビジネス用のお金の流れをまとめられるという要素が、個人でビジネスをする上できわめて重要です。

 

  1. お金の管理が簡単になる
  2. 財務状況をつかみやすくなる
  3. 税務調査に対処しやすくなる

 

お金の出入りが明確になれば管理の手間が減り、お金以外の本来の業務にあてられる時間を増やせるのであなたの収入増加にも繋がるでしょう。

 

『通常口座』と『屋号付き銀行口座』の違い

 

使う方法に関しては差はないですが、取得の際いくつかの違いが見られます。

 

通常口座の取得における特徴

 

  • 比較的どこの支店でも取得できる
  • 窓口以外でもネットや郵送など、多種多様な開設方法がある
  • 初めて来店したその日に口座が開設できる

 

屋号付き銀行口座の取得における特徴

 

  • 自宅や仕事場から一番近い支店の口座でしか開設できない(ジャパンネット銀行などのネットバンク系は除く)
  • 窓口でしか開設できない(同上)
  • その場で開設できず、10日前後かかる場合もある
  • 開業届が必要

 

 

個人事業主やフリーランスならプライベートとビジネスのお金は必ず分けておきたい!

 

ところで個人で仕事をしていると、ビジネスとプライベートのお金の出入りがごっちゃになったりしてませんか?

 

ハシケン
自分も独立一年目は開業費・外注費・源泉徴収費などどう処理していいかわからないものだらけで戸惑ったものでした・・・;

 

管理が面倒くさくなる上に確定申告でも手間がかかり時間のロスに繋がるので、ビジネスとプライベートのお金の出入りは最初から最後まで完全に分けておいたほうがいいです。

 

 

独立後には屋号付口座などのビジネス専用銀行口座を持ち、経費・消耗品・取引の出入金・仕事の公共料金などの流れを1つに集約しておけるとあなたのお金の管理はとても楽になります。

 

さらにMFクラウドfreeeといった最近主流のクラウド会計ソフトと連携しておけば、毎月の会計処理であなたがやることは非常に少なく済ませられます。

 

屋号付銀行口座 クレジットカード おすすめ

 

ハシケン
銀行口座だけでなくクレジットカードもビジネスとプライベート用で分けておくと、さらに楽にできます!

スポンサードリンク

個人事業主やフリーランスが銀行口座を作るおすすめはここだ!

 

屋号入り口座はメガバンクとネットバンクで作れますが、実は必要書類や条件がかなり違っています。

 

独立直後から大手企業相手のビジネスをしたり銀行名にこだわりたい以外は、あえて面倒な銀行での取得を目指す必要はそれほどありません。

 

また通常口座同様に屋号付き銀行口座は複数所持できるので、まず1つ持ったあと必要に応じて増やしていくのもいいでしょう。

 

ハシケン
あまり知名度のみにとらわれすぎないで、あなたにとって条件がいいと感じる銀行を選ぶのが最善です

 

 

一般的な屋号付銀行口座開設時の必要事項をおさえておきましょう。

 

  • 窓口で受付を行わないといけない
  • 自宅や事務所から一番近い支店でないと開設できない
  • 開設までに10日前後かかる場合がある
  • 開業届の提出が必須(原本の場合もあり)

 

さらに、多くの銀行で必要とされる書類等が以下の四点です。

 

  • 本人を確認できる書類、身分証など
  • 印鑑
  • 個人事業の開業・廃業等届出書の写し
  • 屋号の使用が確認できる書類など

 

ハシケン
印鑑は個人名のもので問題ありません。

屋号を確認できる書類としては、既にビジネスを開始している場合はWebサイトのページを印刷して出すことが多いようです。

 

実は屋号付銀行口座の取得要件は各支店の裁量にも左右される部分があると言われます、以下で銀行ごとのポイントをまとめるので参考にしつつ希望の銀行を決めて下さい。

 

 

☆オススメ☆ ネットバンクのジャパンネット銀行で屋号付き銀行口座を取得したい!

 

開業から6ヶ月経過していてWEBサイト上で事業が確認できれば開業届の提出すら不要です、ネットバンクなので自宅からそのまま申し込めます。

 

ジャパンネット銀行ではビジネス口座を新設すると無料でVisaデビット付キャッシュカードがもらえます。その場引き落としの現金感覚で使えて、Visaマークの店で国内海外問わず利用でき重宝します。

 

ハシケン
振込手数料も他銀行より安めなので、特にスタートしたばかりのビジネスではジャパンネットはまずおさえておきたい口座の1つといえます。

 

 

ネットバンクの楽天銀行で屋号付き銀行口座を取得したい!

 

事前にまず個人口座の開設が必要です、その後個人ビジネス口座の開設のために必要な書類を取り寄せます。ジャパンネット同様ネットバンクなので、自宅から申し込めます。

 

開業届のコピーを、後日郵送することで開設が完了します。

 

 

三井住友で屋号付き銀行口座を取得したい!

 

営業性個人という区分で開設可能ですが、開業届は控えではなく原本を持っていく必要があります。

 

ハシケン
自分の一つ目は近所の三井住友で取得しました、メガバンクの中だと比較的スムーズに進められると言われてます。

ただ支店によっても相当差があるらしいので実際に行く前に必ず調べてください。

 

サイトに掲載がみあたらないので、銀行に直接お尋ねください。

 

ゆうちょで屋号付き銀行口座を取得したい!

 

今回紹介する中で唯一屋号のみの口座(本名なし)が作れますが、サークルや同好会などの会費徴収名目となるので会員規約や名簿など必要となります。

 

サイトに掲載がみあたらないので、銀行に直接お尋ねください。

 

みずほで屋号付き銀行口座を取得したい!

 

直接ヒアリングを行い後日書類を提出しますが、営業性個人口座はあくまで個人という扱いなので個人口座を既に所有している場合は難しいといわれます。

 

 

三菱東京UFJで屋号付き銀行口座を取得したい!

 

メガバンクの中で最も必要書類が多いと言われているので準備万端で臨みましょう、かなりハードルの高い銀行と言えます。

 

 

りそなで屋号付き銀行口座を取得したい!

 

事業用口座はりそなビジネスダイレクト口座という扱いで月額¥2,100の経費が発生します、基本無料の他銀行と比べてつらい条件かもしれません。

 

サイトに掲載がみあたらないので、銀行に直接お尋ねください。

 

番外編①:住信SBIネット銀行で屋号付き銀行口座を取得したいんだけど・・・

 

会員ランク次第でATMの利用手数料や振込手数料が変わるなどメリットの多いネットバンクですが、営業性個人口座の開設自体ができません。個人か法人のみとなっています。

 

ハシケン
ただし、同じ口座内で複数の名前の口座に分けられるので使い方次第ではお金の管理に役立ちます。

 

番外編②:セブン銀行で屋号付き銀行口座を取得したいんだけど・・・

 

全国のセブンイレブンにATMがあり7~19時まで引出手数料も無料と使い勝手がよく躍進中のセブン銀行ですが、残念ながら現状は屋号付き口座などは特にありません。

 

おまけ:個人事業者やフリーランス専用のクレカは作ったほうがいいのか?

個人事業主 銀行 おすすめ

 

口座と同じくらい重要なのが、事業を行う時のお金の保険とも言うべきビジネス用クレジットカードの存在です。

 

屋号付銀行口座 クレジットカード おすすめ

 

この画像にもあるようにカードはプライベートとビジネスできっちり分けておくようにしましょうでないと確定申告などで非常に面倒くさくなってしまいます。

 

 

個人事業主やフリーランスがビジネス用クレジットカードを持つ代表的なメリットは、主に次の5つです。

 

  • プライベートとはっきり区別できる
  • 経費の支払いに使える
  • クラウド会計ソフトと連携できる
  • 社員に持たすことも可能
  • ビジネス向けの様々な特典がある

 

 

最近は独立したての個人でも審査を通してくれるところがだいぶ増えてきています自分にはまだ作れないかも・・・と頼む前から悲観的になる必要はありません。

 

せっかくなら年会費がずっと手頃な値段におさえられるカードを選ぶといいでしょう。

 

 

いくつかあるビジネス向けカードの中でも特にオススメなのは、オリコの「EX Gold for Biz iD × QUICpay(エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ)」です。

 

年会費初年度無料で2年目以降も¥2,000と、独立したてで収益の少ない段階からでも無理なく所持できます。

 

 

個人事業主向けを強くうたっているカードだけあり審査も柔軟で、クラウド会計ソフトのfreeeが通常より2ヶ月分得になる特典までついています。ポイントや保険は他カードと比べて特別なわけではないですが、ビジネス初期には十分過ぎる内容です。

 

あなたのビジネスを力強く前進させるためにも、ぜひ最初の一枚として選んでもらえたらと思います。

 

個人事業主やフリーランスにオススメの銀行口座のまとめ

個人事業主 銀行 おすすめ

 

あなたと事業のお金をハッキリ区別することから独立開業は始まるといえるでしょう。

 

さらに屋号付き銀行口座を取得しクラウド会計ソフトと組み合わせることにより、会計処理の手間を減らせてお金周りのあなたの負担は一気に軽減できます。

 

ハシケン
お金の処理関連で余計な手間を背負わないようにしておけば、あなたがやりたい事業に集中して進めていけるはずです!

 

 

 

「さあ、魔法の表現力を身につけよう!」

 

デジタル絵の超初心者向けワークショップ

 

プロの直接指導によるわずか4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」の手順が理解できます。

絵を自由に描いて、好きに使えるようになりませんか?


次回5/13開催、残り2席

スポンサードリンク