独立開業できる仕事を探したいなら『ひとりビジネス』はおさえとけ!

独立 開業 仕事 ひとりビジネス 

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

  1. 【デジ絵ワークショップ】⇒パソコンで絵を描く基本手順がたった一日で理解できる! 次回7/23秋葉原開催、先着6名様限定!
  2. 【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵であなたをブランド化しよう! ひと月限定6体完全受注制作販売中!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

会社に退職願を出して、自分の会社を起こして、社員を雇って…………。

 

ハシケン
サラリーマンしつつ起業の勉強をしてた頃は、そんな風に考えていたこともありました(笑

 

自分は2015年春に個人事業主として独立しましたが、多少なりとも成果が出だすまで1年以上かかりました。事前の想定の甘さニーズの履き違えがすべての原因でしたが、振り返ると退職前にやっとけばよかったなと思うものが一つあります。

 

『ひとりビジネス』の構築です。

 

 

極論『ひとりビジネス』さえ構築できればなんとでも生きていけます。さらに軸となるのが『ブログ』の存在です。今後独立開業を考えているなら前向きに検討してもらえたらと心から思うので、詳しくまとめてみます。

 

★個人事業主の様々な悩みは、【保存版】効率的な個人事業主の始め方|人のフリ見て我がフリ決めろ!で解決できるかもしれません。

 

スポンサードリンク

独立開業の3つのデメリットとは?

 

独立開業 悩み

 

独立して起業といえば、融資を獲得して会社を起こして社員を雇って・・・という昔ながらのパターンがまず思い浮かぶんじゃないでしょうか?

 

ハシケン
自分もイメージに縛られてました、おかげで独立後えらく苦労しました・・・(笑

 

まずはじめに、会社を離れ1人でやっていく厳しさを改めて確認しておきましょう。

 

とにかく何するにしてもお金がかかる

 

国保年金住民税などは会社員時代よりお金がかかります。

ビジネスをするにしても資金が必要なので、公庫に融資を頼んだり自己資金でなんとかしたり・・・何するにもお金がかかるようになると思っておきましょう。

 

余裕のあった貯金が、気づくと空っぽなんて珍しくありません。なくなる時はあっという間です。
もしまだ会社在籍中なら、独立前にせめてクレジットカードは複数作っておきましょう。ビジネス書などでもよく書かれることですが、個人として独立後は自然と審査も厳しくなりがちです。

 

ハシケン

そういう自分はついうっかりしてしまっていたので、独立後面倒な時もありました・・・(笑

 

もし独立後の取得に苦労するような場合は個人事業主向けに特化したカードなんてのも実はあるので、知っておくといざというとき助かるかもしれません。

 

 

成果が出るまで時間がかかる

 

事前の想定は、多くの場合が楽観論に基づいてしまっています。前向きなのはいいですが、現実甘くはありません。

 

事業計画書など作っているなら、大半が想定通りに行かないと思っておく方が無難です。上手くいかなくてもおかしくないと知っておきましょう、世間で騒がれる一部の起業家は特殊な例だと思えばだいぶ楽に考えられるはずです。

 

心が疲弊していく

 

お金がなくなりビジネスが上手くいかず・・・日に日にしんどくなっていきます。

事業を回したいと広告費を使ってみたものの徒労に終わり、あてにしてた仕事は立て続けにキャンセルされ・・・気づけば家族抱えてるのに破産一歩手前という現実が待ってます。

 

ハシケン
・・・・・・・・・もとい、一年前の自分の現実でした(笑

 

上手く進んでいない時のアイデアには余裕がありません、焦るばかりで、いい考えも出てこなくなります。

結果事業は上手く周らず、日々の生活費も含めて支出ばかり増えていくという・・・悪夢のスパイラルで文字通り精神が削り取られていきます。

 

ハシケン
・・・本気でしんどいです、基本的には家族抱えてるなら積極的にはオススメしたくはありません(笑

 

会社を離れ個人で稼げるようになるため絶対必要な考え方

 

 

実際に独立すると、それまでの自分がいかに会社組織に守られていたか痛感させられます。

 

そして独立した以上は、一刻も早く会社員マインドからの脱却が必要となります。

 

根本の思考から変えていかないと、せっかく独立したはずがただの会社員時代の延長で終わってしまいかねません。

 

会社という単位へのこだわりを一回捨て去ろう!

 

独立開業というと会社という箱を持ってそこで働く人がいてとイメージしがちですが、形にこだわる必要なんて全くありません。

 

せっかく独立して事業を始めるなら、あなた自身のビジネスの形を作っていけばいいんです。

 

 

何よりもまず大事なのは、あなたと家族が生きていける収入を得ることです。そのためには、もしかすると会社という箱自体不要かもしれません。

あなたのビジネスに、他の社員は必要ないかもしれません。延々法人化せず個人事業主のままでいたほうが、得することさえあります。

 

 

ひとまず会社という単位を作ることは後回しにしましょう、思い込みに縛られているせいで考えに様々な制約がついてしまいがちです。

 

 

ハシケン
結果的に事業がうまく行ったら1人法人になれれば充分と考えられるようになると、気持ちが一気に楽になりますよ。

 

まずは『ブログ』を始めよう!

 

会社勤めしつつ独立の勉強や準備をしてるなら、やりたいビジネスに関連したテーマでブログを始めてみましょう。

 

ハシケン
既に独立したあとでも、まだブログを持ってないなら絶対始めるべきです!

 

ブログ記事を書いていくと、インプット・アウトプットが常に磨かれます。運営していく中で次第に分析力PDCAも身についていきます。ブログはブランディングにも使えます。

 

 

何より大事なのは、自力で人を集められるようになる(=集客)ことです。

 

 

集まって欲しいと思う人を自分のブログに的確に集められれば、売りたい商品を販売することも出来るようになります。どんなにいい商品でも、ニーズのあるところに情報を伝えられないと売ることはできません。

シミュレーションと実践が、ブログなら在宅で行えます。独立前からブログを運営していると、独立後も非常に楽に進められます。

 

ハシケン
正しいやり方でブログを運営していけば、1年以内で必ずブログからの収入が発生するようになるはずです。

 

ゼロだったステージで収入を得られた事実はあなたの自信につながり、やり方次第でそのうち馬鹿にできないレベルでの支えにもなってくれます。

 

収益の道は一本でなく複数確保していいと知っておこう!

 

この考えが持てるかどうかで、独立後の展開は全く変わります。

種類はなんでもいいので、複数の収益ラインを持つことを考えて自分の事業を進めましょう。

 

独立した以上、お金の稼ぎ方を1つの仕事に縛られる必要はまったくありません。

 

犯罪以外なら何して稼いでもいいんです。様々な稼ぎ方を同時に進めてしまっていいんです。

 

 

 

ビジネスアイデアにしても同じで、利益の入り口を一箇所に縛る必要はありません。

 

独立するととにかくお金がかかります。上手く行かないと余計に、ビジネスのことよりお金の不安ばかり考えてしまいます。

 

収益の道が複数あれば、一つ一つが少なくてもちりも積もればでなんとかなるかもしれません。

最初はそれぞれ小さい額でも、しっかり育てていけばいつか花を咲かすかもしれません。複数あればお金回りも楽になり、やりたい事が自由にやれるようになります。

 

 

オススメの形は、ビジネスの中心に『ブログ』を置くことです。

 

 

しっかり運営していくと、次第に集客できて販売したかったものも売れだします。その頃にはブログのPVもある程度上がってるので、広告収入なども徐々に入るようになっていきます。広告掲載を頼んでくる業者も現れるかもしれません。

可能性がありそうな記事には、アフィリエイトを加えてみるのも面白いでしょう。ブログのアクセスアップの技術と、アフィリエイトの技術が両方理解できていればかなり強力です。

日々のブログ運営で得たノウハウはもしかすると将来的に、コンサルセミナーが行える力になっていくかもしれません・・・。

 

 

繰り返しますが、独立しているあなたは何でお金を稼いでもいいんです。

 

 

複数の収益の道を持つのも完全に自由です、副業禁止なんてありません。でも、一つの仕事にこだわった思考が変わらないままだと結局会社員時代と大差ない状況になりかねません。

 

・・・この部分に気づけるかどうかは、おそらく個人としてやっていく上での最大の分かれ道です。

気づけずひたすら単価いくらの仕事だけをこなしていては、収入は絶対に一定ラインを越えません。

 

スポンサードリンク

『ひとりビジネス』こそ開業失敗を防ぐ一番のリスクヘッジかも?

 

夢 実現

 

個人事業主として二年近くやってきて思うのは、今回書いてきたような『ひとりビジネス』さえ持っていれば本来追いかけたいビジネスアイデアも実行しやすくなるということです。

 

 

お金の心配さえなくなれば、事業を進めることは随分と気楽になります。

 

ハシケン
色々なアイデアも出てきますし、ダメ元で軽く試すことも出来るようになります。

 

複数の収益ラインを持つことの最大の強みは、1つがダメになっても他でカバーできる部分です。考えられる限り、貪欲に増やしていきましょう。

 

ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ

 

いつか起業したい、個人で独立したい、でもなるべくリスクは少なくしたい・・・。

 

ならぜひ、会社勤めしながらのブログとひとりビジネスの検討を前向きに行いましょう。

 

 

最近発売されたこの本には、今回書いたことがわかりやすくまとまっています。

まだブログを始めてすらいない状態なら、参考になるノウハウはかなり多いはずです。

 

さいごに、

 

キャラデザ 自信満々

 

お金さえ解決すれば個人で生きていくことは苦じゃありません。

 

ハシケン
たぶん自由で楽しい世界が待ってます、まだ自分も知らない世界ですが(笑

 

でもそうなるまでの道のりはやはり険しい・・・対処法として現在最も手軽で有効と考えられるのが、ブログを軸にしたひとりビジネスをもつことです。

 

独立の勉強のためにビジネス書を読むのもいいですが、読書は実践にはまったく及びません。

 

ブログは事前のシミュレーションにも最適です、さらに収益も得られていずれはひとりビジネスの軸にもなってくれます。

 

ハシケン
・・・・・・まあ騙されたと思って、ぜひ始めてみて下さい(笑

 

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

個人事業主のデメリットはメリットを活かしたビジネスモデルで打ち破れ!
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年2月時点で月間25万PV突破)。