初心者がWordPressテーマを変更するならカスタマイズしやすい有料でしょ!

wordpress テーマ 変化

スポンサードリンク

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

長~いこと悩んでたんですが今後の長いサイト運営を考え、サイト向けにオリジナル仕様で作ってもらい半年間使ってきたオリジナルのテーマを泣く泣く諦め・・・既存の有料テーマを使うことにしてみました。

 

wordpressのテーマを変えるときにはどんな段階を経て進めるのか、どんな基準で新テーマを決めたかなど人柱的にぶっつけ本番で試してる流れをまとめますので、自分のようなWP初心者さんはチェックリストにしてみてください(笑

 

また、内容的に今回は専門的な用語が多いですがご了承下さい。

 

参考)テーマ変更決断までの流れを書いた過去記事です。

 

 

スポンサードリンク

テーマ変更の要点洗い出し、サイトの方向性確定

 

疑問

 

現状のテーマで出来てないことを出来るようになるか?

 

 

テーマが変わって逆にできなくなることはないか?

 

 

やりたいことがやれて、さらに使いやすくなるのか?(時間短縮含む)

 

 

ユーザーさんがサイトを見る際の環境を現状より改善できるか?

 

 

検索などにおいてgoogleからの評価をあげられるか?

 

 

予算は許容範囲内で、かつ費用対効果は十分か?

 

 

ブランディングに問題はないか?

 

 

ブログを使って自分がやろうとしてることに適した方向になるか?

 

 

その他にも人によって気になる部分は色々あるでしょうが、後悔のない選択になるようにしっかり考えましょう。

 

サイトのこれまでのイメージを変えるということは場合によってはマイナスに繋がる恐れもあります。自分も数ヶ月悩みました。焦らずじっくり進めましょう。

 

wordpress新テーマ決定、購入し本リニューアル前にテストを

 

テスト

 

サポートは受けられるか?

 

・・・そもそもあるのか、手厚いのか、口コミを確認しときましょう。

 

 

多くの人が使っているテーマか?

 

・・・多ければ多いほどイメージはかぶりますが、当然ググった時の回答も多くなります。

 

 

実際に使われてるものを複数見て自分のイメージに合ってるか?

 

・・・仕上がりを想像し、目指す方向と逸脱してないか見ておきましょう。

 

 

カスタマイズはある程度楽にできそうか?

 

・・・変えたい部分をいじれそうかどうか、気になりそうな部分は押さえておきましょう。

 

 

一通り確認して問題なさそうならいよいよ購入へと進みますが、買ったあともいきなり有効化する前にかならず『Theme Test Drive』というプラグインを使い、カスタマイズの具合を試しましょう。

 

 


試しながらリニューアルにどんな作業や素材が必要になるか調べ
リニューアル時に調整するところと、あとに回してもいいところを区別しておきましょう。

 

実際にやる時のコツとしては、完璧に仕上げてからリニューアルオープン・・・となるとなかなか物事も進まなくなってしまう事が多いので、ひとまず最低限の要素が出来たら開設してしまってその後に整えていくと楽なんじゃないでしょうか。

 

また他の人を見てみると、一目惚れでテーマを選ぶことも多いようです。もちろん失敗もあるでしょうが、その中で何かを得て次に繋がるはずなのであまり深く考え過ぎず着せ替え感覚で楽しんでもいいのかなとも思います・・・今回初めてやってる最中のお前がエラソウに何言うかって感じですが(笑

 

ひたすら準備

 

準備

 

人によっては全く無いと思いますが、自分の場合オリジナルテーマで独自処理していた部分を既存記事から取り除くという【ゴミ取り】みたいな作業が発生しています(笑

 

 

記事内に毎回自力で入れてた広告表示用のコードを消す

 

・・・新テーマはヴィジェットで対応できるので

 

h2やh3の見出しに使っていたショートコードを消す

 

・・・新テーマは普通に装飾つくので(それが普通/笑)

 

本文中のアイキャッチを消す

 

・・・新テーマは元々記事TOPにアイキャッチ表示があるので画像が二重になってしまうので

 

 

その他、割と一般的なもので言うと・・・

 

固定ページの取捨選択、まとめ、調整

 

 

問い合わせフォーマットを変更するならプラグインいれたり

 

 

商品説明ページをLP状に縦長で

 

 

商品紹介の画像を新規で用意

 

 

古い記事でアイキャッチのないものに追加

 

 

グローバル・フッターメニューの作成

 

 

必要な画像素材を用意、サイズ確認

 

 

ヘッダー、ロゴ、アイコン、バナーをリサイズして用意

 

 

・・・などなど、人によってやることはかなりバラバラでしょうが進めていくとなんだかんだ出てきますね。特にプラグインなどは今まで使っていたものが、新テーマに相性悪いということもあるのであらかじめ調べておきましょう。

 

 

そのことに気づかずに、変えたあとに『あれ、なんでこうなるんだ?』と違和感の原因がわからなかったりということもあるでしょうしね。

 

さいごに、

 

ハミングバード

 

最後になりますが、今回導入するのはハミングバードというテーマです。

 

 

 

ブログを書いてる人たちの中では今や鉄板ともいうべき存在になりつつあるテーマで、前から気になってたんですよね。

 

 

 

 

お二方のわかりやすい紹介記事にもありますが使い勝手も良さそうでインパクトもあり、かつ事業用に欲しかった機能も申し分なく揃っているところが決め手となりました。

 

詳しい人に作ってもらったオリジナルテーマだったことで逆に素人にはカスタマイズも出来ない部分があり、実は入れても機能しないプラグインとか本当多かったんですね・・・。

 

CTAは似た画像を作って全体でリンクさせるという感じで無理矢理やったり、見出しの装飾も最終的にショートコードでそれっぽくするまではどうやって他の人みたいに普通に出来るか散々悩んだり・・・ようやく念願叶うという感じです。

 

ただおかげで色々勉強にもなりました、でも自分のやるべきことって個人事業を進めることでwordpressを学ぶことではないんですよね(笑

 


 

スポンサードリンク

wordpress テーマ 変化

絵を活用すれば、今より11倍ブログが見られるようになる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』

 

ワークショップを12/18に限定8名様で開催します!

 

※画力向上ではなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたものです。

   

顔出しせずにあなたを売り込めるとしたら?

 

普通は、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事にはなかなか繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さんにオススメしたいのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

現実のあなたと違和感ない対応ができます。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

 

コンテアニメ工房特製【キャラデザ】

3つの表情パターンが標準セットで付いて、

毎月限定10体の受注制作で販売中です。

 

キャラデザ CTA 1103

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏の葉のKOIL(コイル)を拠点としている。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲームの制作に従事。代表作は『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)のキャラクターデザインや『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】(2016年10月時点で月間10万PV突破)を開設し個人事業をスタート。アニメ似顔絵商品【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を活用できるためのセミナー・ワークショップなど順次展開中。