個人事業主になろうと開業届を出す前に覚悟すべき5つのこととは?

敵?

スポンサードリンク

どうも、2015年春に独立した個人事業主のハシケン(@conteanime)です。

 

将来の不安を感じる人は最近ますます増えてると言われています。そんな時つい考えるのが『会社から独立して個人で生きていく道じゃないでしょうか?

誰にも縛られず自分で人生をコントロールするのはバラ色に見えますが、いやいやでも実際は絶対イバラだろうよ…と踏み止まるケースも多いでしょう。

 

ハシケン
自分は独立して1年経ちましたが、上手くいってる事よりは独立前に想定してた通り進んでない部分の方がやっぱり多いもんです(笑

 

ということで今回は、個人事業主に忍び寄りがちな5つの不安材料をまとめてみたいと思います。

 

会社はいつでもやめられます。一時のヤケで飛び出して窮地に陥ることのないよう、しっかり検討し準備をしてから実行することをくれぐれもおすすめします。

 

★別の軸でまとめたこちらの記事も参考にしてください。

⇒退職前なら間に合う!独立起業で失敗したくないなら背水の陣はしくな

 

スポンサードリンク

在宅勤務なら再優先かも? 家族への配慮

 

在宅 仕事

 

自宅での仕事・・・なんてうっとりする響きでしょうか(笑

 

仕事部屋を作り好きな机を買って憧れのレイアウトに、一国一城の主人らしい働き部屋を作るのは人生においてロマンの1つでしょう。大概の事を形から入る自分もやったものです・・・。

ただ、在宅であれば得てして妨害工作は仕掛けられます・・・特に小さい子供がいるのなら(笑 我が家は2歳のイヤイヤ期盛りの娘がいますが、仕事部屋で何かしようとすると必ず乱入してきます。

 

★・・・娘が高熱で大変なことになって色々考えさせられた記事はこちらです。

⇒2歳の子供が熱性痙攣を起こした時に親が考えることとは何か?

 

余裕のあるときはいいですが、そうでなきゃ泣く泣く追い出しドアの外で泣かれ妻にも面倒をかけて・・・これが続くと家族間でのストレスは次第に高まっちゃいますよね。

在宅の仕事は、家族の助けと家族へのフォローがしっかりやれないと必ず行き詰まります。

 

最初は独立に賛成してくれてた家族が、いつの間にか反対に回ってた・・・なんてのはありがちな話です。家族の未来のためと思い独立したことが、結果家族を追い詰めたりしないよう常に気を配りましょう。

 

そんな時さらに覆い被さってくる壁が、駆け出しの個人事業主ならではの『生活のリズム』です・・・。

 

個人事業における仕事・休みのメリハリの曖昧さ

 

曖昧

 

家での仕事がベースになると、多くの場合休みと仕事の境目が極めて曖昧になります。

特に、開業前や開業直後はやってもやってもやるべき作業があるものです。よほど最初から順調に回ってる場合を除き、寝るとき以外は基本的に仕事のことが頭から離れなくなります。会社勤めであれば休みの日は仕事のことを忘れて好きなことできたりしますが、個人が余裕持てるようになるまではなかなか難しいもんです。

 

生活の境界線は曖昧になり、成果に繋がるのか見えない施策をダラダラと繰り返し、休みも満足に取れず身も心も疲弊する・・・余計しんどい状況になっていくこともよくあります。

 

現実問題として独立当初からメリハリつけた生活を送るのは相当難しいと思います。よほど準備万端で売上のめどが最初から立ってるビジネスプラン以外は、事前の計画もまるで上手くいかないことの方が絶対多くなるはずです。

 

状況に追い詰められないよう、また自分自身を追い詰めてしまわないように意識しましょう。

 

時には無理矢理にでもしっかり休んで頭と体をリフレッシュさせるのも大事です。

 

さて、境界線ギリギリの生活にさらに不安度を増してくるのが、リアルな『お金の話です。

 

会社独立後、延々襲われ続けるお金の不安定感たるや!

 

アドベンチャー しんどい

 

多くのビジネス本には、独立して最低でも半年、出来たら1年は生活に困らない資金を持った上で事業を始めるようなことを書いてないでしょうか?

とにかく会社を辞めて独りで始めると何事にもお金がかかります。あれこれ悩みつつ進めていくので、あとで振り返ると無駄なことに費やしてしまうお金もついつい多くなりがちです。さらに国保などで社保時より負担も重くなりがちだし、会社員時代の所得でくる住民税・・・なんだかんだと出費がかさむものです。

 

お金は、いくらあっても足りなくなります。

 

はいもう一回、

 

お金は、いくらあっても足りなくなります。

 

 

半年分もない状態で始めると、生活への不安がすぐにもたげてきて全く事業や仕事に集中出来なくなってしまいます。理想は一年分を確保しておくことだと、そう出来てなかった自分としても心から思います。余裕のもてない精神状態でやることはやっぱり上手くいかないことが実感としても多いです。

 

悲壮感が強く出過ぎて、普段ならサポートしてくれる人にまで引かれてしまう可能性だってありますしね・・・(笑

 

余裕のなさは、様々な弊害を招きます。想像以上にしんどいことを十二分に覚悟した上で臨みましょう。

 

そもそも、売上が立つ以前の問題としてお金の目処が立たなくなる一番の理由は依頼されるはずの『仕事の予定がなくなる』ことが原因だったりもするから怖いんです・・・。

 

会社に属してた時とはまるで違う、確証のない仕事の数々・・・

 

つらい・・・

 

会社員時代のつてなどで仕事を紹介してもらえたりもするでしょうし、独立当初は何かと人の優しさが身に染みます。今度なんか頼みたいんだよ、ということを言ってくれる人もいるでしょう。

 

でも絶対に間違っちゃいけないのは、今のあなたは特定の会社に属してるわけじゃなくただの個人になったということです。

 

おそらく・・・最初はなかなか自覚しにくい部分だと思います。

 

いくつかの仕事を回してもらえることになりキャッシュフロー(お金の出入り)の目処もしばらく大丈夫と思ったのも束の間・・・予定されてた仕事が連続して流れてしまうこともありえます。特に連絡もされないまま流れたりするので、その仕事の収入をあてに生活設計してた場合・・・気付いた頃には破産一歩手前の大ピンチになってたなんて状況もありえます。

 

ハシケン
その節は地獄を見ました・・・経験者は大いに語る(笑

 

対会社ではなく対個人だからこそ、相手もそれほど気にしないでドタキャンされてしまうのかとようやく気付けるんですね。

会社をやめた以上はまず、何者でもない独りになります。保証なんか一切ない世界です。

 

★個人事業主のお金の怖い話などは、こちらが参考になります。

⇒利用者必見!ネットバンキングで体験したお金の怖い落とし穴とは?

⇒個人事業主なら重宝する屋号付き口座の超危険な落とし穴とは??

 

さらに、個人では信用もない立場なので法人から受託できない仕事なんてのもあります。相手が大手になればなるほどその可能性は高まります。

 

ハシケン
・・・自分も一度経験し、幸い回避できましたがやはり個人の立場は弱いと思い知りました。

可能なら一人法人化も視野に入れるべきだろうと、今では考えるようになりました。

 

★個人と法人の壁については、この記事が参考になります。

⇒個人事業主がついつい遭遇しがちな法人の【壁】とは!?

 

誰かに頼らないと上手くいかない時期はありますが、頼った相手にすかされることもしっかり覚悟して常に最悪のパターンを想定しながら事業を進めていきましょう。

独立して安定するまでは、3年はかかるとよく言われます。1年経過した自分としても的を得た言い方だと実感してますし、3年でようやくマシになってきた話を先輩起業家から聞いたこともあります。

 

★やっぱり起業が甘くない・・・という話はこちらが参考になります。

⇒独立したての個人事業主ならきっと誰もが抱える見栄と実態とは?

 

 

くれぐれも余裕ぶっこいてヘタこいてしまわないよう、いざという時の安全策をいくつでも増やしていくクセをつけて下さい。

 

なんどでもいいますが、経験した立場だからこそわかるんです・・・信じてください(笑

 

結局個人ってやつは『先の安定』がなかなか見えてこないものなんですね・・・これはなかなかにしんどいですよ。

 

見えてこない未来がくるまで耐えられるか?

 

未来 遠い

 

独立直後は、自由だー!!』と解放感に打ち震え、これからは自分のすべてを賭けて人生を切り開いて行くぞといざ始めてみたもののうまくいかないことが続くと思考も状況もどんどん悪い方向に転がっていきます。

事前に作ってたはずの事業計画書も今や霧散、いったいどうしていけばいいんだろう? 今更会社に戻るなんて出来ないし、自分には家族もある・・・ましてや老後の資金なんてあるわけもない。

 

・・・大概は事前のプラン通りに行くことはないので、気にしないほうがいいらしいですが。

 

現代がいかに不安定な時代とはいえ、個人事業主はさらに不安定になりがちです。成功につなげていける人は3割いるかいないか・・・いや確実にもっと低いでしょう。

せめて気持ちだけでも明るく行ければ何かと好転したりもしますが、うまくいかない時が多いとなかなかそんな風にも思えなくなってしまうものです。特に、たった一人で事業を起こそうとした場合は同じ立場で相談できる相手もいないので、なおさらどん詰まり状態が増大していく可能性も高いわけです。

 

やはり一緒に未来を切り開こうとする仲間はいたほうがいいですし、精神的にも楽になるはずです。一人で考えるよりも、二人・三人で考えたほうが良い知恵が出ることは多いですしかかる経費が増える反面、売上も一人でやるより大きく出来ることは多くなるでしょう。

 

常に少し先を見据えた動きが出来るか出来ないかで、未来の結果は大きく変わってきます。

 

どうしたって見通しは立ちにくいですが、時にへこたれてもすぐに気持ちを切り替えて立ち上がり、先を見ようとする姿勢と見続ける努力を忘れないようにしてください。

 

さいごに、

 

明るい未来?

 

開業して一年、事業を前に進ませるためにもがいてきた結果思うんですが・・・事態を好転させていく上で必要なのは、強い信念・広い視野をもつ・柔軟性の3つだとあらためて感じています。

大きな問題をそのまま大きく捉え過ぎず細かく分けて考えてみたり、別の方向から眺め直してみることで全く違った世界が開けることって多いものです。

 

自分で事業を興すことは、会社員では絶対に得られなかった刺激や感動があります。

 

縛りがなく仕事ができて、収入だってはるかに大きくできる可能性があります。

 

やり方一つで自分の人生をどうとでも変えられるのは、誰がなんと言おうが魅力的です。

 

上辺の安定を取るか、新たな世界を切り開くか、どちらにもそれぞれの意義があります。自分でこれでいくと決めた以上、納得行くまでやりとげて満足行く未来をつかめるといいですよね。

 

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

⇒独立開業して個人でビジネスをやると決めたら最初に考えたい3つの方向性とは?
 

 

スポンサードリンク

敵?

絵を活用すれば、今より11倍ブログが見られるようになる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

『たった一日でデジタル絵の基本的な描き方と活用方法までわかる』

 

ワークショップを12/18に限定8名様で開催します!

 

※画力向上ではなく、実用的な絵の活用を考えている方を対象としたものです。

   

顔出しせずにあなたを売り込めるとしたら?

 

普通は、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事にはなかなか繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さんにオススメしたいのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

現実のあなたと違和感ない対応ができます。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

 

コンテアニメ工房特製【キャラデザ】

3つの表情パターンが標準セットで付いて、

毎月限定10体の受注制作で販売中です。

 

キャラデザ CTA 1103

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏の葉のKOIL(コイル)を拠点としている。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲームの制作に従事。代表作は『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)のキャラクターデザインや『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】(2016年10月時点で月間10万PV突破)を開設し個人事業をスタート。アニメ似顔絵商品【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を活用できるためのセミナー・ワークショップなど順次展開中。