結婚式の動画作成で絶対に注意するべき5つのこと

結婚 指輪

スポンサードリンク

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方と活用がわかる!』

ワークショップ アイキャッチ

デジタルでイラストを描いてみたい超初心者さん向けのワークショップです。一緒に手を動かすことで、描くために必要な要素だけに集中して理解できます!

次回開催:2/19(日)13:00~17:00 会場:秋葉原駅付近貸会議室

お申込みは1月31日まで!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

結婚式の余興などで使う動画も、最近は自作の方が増えてます。予算が少しでも抑えられますし、やってみたい方向性が強くある場合は挑戦してみるのもきっと面白いはずです。

 

ただ、その際には考えておくべきことがいくつかあるのでつくり始める前にぜひ一度整理した上で始めてみてください。あとになってから、あーやっぱやるんじゃなかったかな・・・なるとかなりツライですしね。

 

※ちなみに今回、使用ソフトなどに関しては言及してませんのでそういった面でお悩みの方は他ページをご参照ください。

 

スポンサードリンク

上映サイズ

 

スクリーン

 

最初に確認すべきは、上映するスクリーンのサイズです。いわゆるアスペクト比などと専門用語で言いますが、4:3であるか16:9であるかは一番最初に確認を取りましょう。

 

その比率を間違ってムービーを作ってしまうと、画面からはみ出して切れてしまったりしてかなり残念なことになりますので気をつけて下さい。

 

内容と時間の確定 

 

時間

 

次は作るムービーの内容です。構成までしっかり固めておくと、後が非常に楽になります。以下は過去の記事ですが、考える上で参考になると思います。

 

 

 

新郎新婦のプロフィール系か、もしくはお二人の馴れ初めか、はたまたもっと別の余興などで使う賑やかし系か、作る目的をカッチリ固めた上で進めていきましょう。

 

内容が固まると、今度は必要な時間が決まってきます。オープニングやエンドロール、プロフィールなどメインどころは式場側でも適した時間など提案してくれますのでぜひ、気軽に聞いてみてください。どんなに長くても、10分を超えるムービーはないでしょう。

 

作成期間

 

製造

 

意外と見落としがちなのが、ムービーをつくるうえでかかる時間です。式の前というのは、想像以上に忙しくなるものなんですね(・・・経験者は語る/笑

 

通常のお仕事があり、また新生活のための引っ越しがあったり、そして式の準備がムービー以外にもドレス決めや引き出物、招待状などの発注・・・とてんこもりです。

 

ムービーを自作するという事は、その中で時間を割いて行うんだということを是非頭に入れておきましょう。自分の経験で恐縮ですが、式前の準備は相手ともあれやこれやもめてストレスも溜まりがちになりますんで・・・(笑

 

ゆとりを持って、2~3ヶ月は確保しておくべきでしょう。そのくらいあれば急遽トラブルが差し込んできても焦らずに対応できると思います。

 

写真の数と質 

 

写真

 

自作ムービーとなるとメインは写真スライド方式でしょう。自分やパートナー、家族友人の写真を選別するわけですがムービーごとに適した写真枚数というのがあります。

 

プロフィールムービーの平均値としては新郎新婦それぞれで15~20未満枚というところでしょうか。あまり多くし過ぎると一枚を見せる時間が減りますし、少なすぎると一枚をダラダラ流すことになりますのでムービーを作った後に確認し調整するという流れが一般的です。

 

また、写真に対してキラキラさせたり効果を加えるエフェクトというものが今は各種ソフトに入っていますがやりすぎて逆に写真が見にくくなったり、目に痛くならないよううまくバランスを取りつつやってみてください。(よく判らない場合は無駄に付けない方が無難ということもあります)

 

その際参考になるのは、やはり大手結婚ムービー各社のメイン商品がいいと思いますのでこちらの記事を参考にどうぞ。

 

 

また写真ですが、最近のデジカメやスマホで取ってるものならほぼ問題ないのですが古いアナログ写真の場合は注意が必要です。基本的にはスキャナーなどを使う形になるでしょうが、家にない場合はコンビニのコピー機で代用しましょう。

 

スキャンする際の解像度は高ければ高いほどいいですが、300、400dpi以上くらいが一つのめどになると思います。

 

使用する音楽

 

音楽

 

音楽素材は最近意外とややこしい部分がありますので、まずは式場に決まりなどを直接確認しましょう。版権をちゃんと使える式場も多いと思います。また、ISUMという組織を通じ正式に使うこともできますので詳しくは下記の過去記事などご参照ください。

 

 

さいごに、

 

いざ作るとなると、意外と面倒な部分も色々出てきますのでコスパ的には格安のムービー制作会社に頼む・・・というのはあながち悪い選択でもないと思うかもしれません。

 

またそれとは真逆に、当サイトで取り扱うコンテアニメなどのようなおもいっきりこだわる映像商品も色々ありますので、一生に一度のプレミアムな瞬間をどのように飾るか、パートナー様と楽しみながら色々検討してみるのも面白いのではないでしょうか。

 


 

スポンサードリンク

結婚 指輪

自分で絵を描いて自由に使えるようになろう!

 

鉛筆での落描き程度が出来るなら

きっとあなたもデジタルで

絵を描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位に表示される

【コンテアニメ工房】特製無料E-book

高く感じるデジタルお絵描きのハードルを

一気に飛び越えましょう!

 

コンテアニメ工房 Ebook

たった一日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

デジタルでイラストを描きたい超初心者さん対象のワークショップです。

一緒に手を動かして、描くために必要な要素に集中して理解できます!

 

次回開催は2/19(日)秋葉原、申込みは1月31日まで!

 

顔出しせずにネットで副業も始められる!

 

普通、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事には繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さん達にオススメなのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

直接顔を見せていなくても

現実のあなたと違和感ない対応が可能です。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

  

キャラデザ CTA 1103

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏市在住。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲーム制作に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)キャラクターデザイン、『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】を同8月末に開設し個人事業をスタート。※2017年1月時点で月間20万PV突破。アニメ似顔絵【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を自由に活用できるための【デジタルワークショップ】、イラストを活用するためのセミナーなど順次展開中。