結婚式&披露宴の時間ってどのくらい?タイムスケジュール付で完全解説!

結婚式 時間 披露宴 ブライダル

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて活用したいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

1/26開催、残り6席!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

結婚式や披露宴。いざ当日の細かいスケジュールを立てようと思っても、具体的なイメージってなかなか難しいですよね。

 

ハシケン
やりたいことや、入れなければいけないこと。イベント一つ一つにかかる時間は・・・?

限られた時間のなかで挙式などにどのような時間配分をすればいいのか、かなり迷うと思います

 

ということでこの記事では、挙式や披露宴の大まかな流れと代表的な時間配分を詳しく解説します。

 

挙式・披露宴といっても様々なパターンがあり、人それぞれの見せ方・お出迎えの仕方があります。

 

全体の規模や招待客の人数・会場のキャパシティ、諸所の事情によっての違いも色々あり、洋装なのか和装なのかカジュアルなパーティーなのか・・・料理の内容や配席・配膳方式などによる違いもあります。

 

ハシケン
限られた時間を挙式や披露宴にどのように活かしていけばいいのか?平均時間はどのくらいなのか? イベントごとにタイムスケジュールに沿って、細かく見ていきましょう!

 

併せてプロフィールムービーも探したい場合は、プロフィールムービー人気業者最新10選!が参考になります。

 

目次


スポンサードリンク

はじめに、挙式・披露宴・二次会にかかる大まかな時間の平均を知りたい!

 

結婚式の平均所要時間はどのくらい?

 

キリスト教の式でも、神前式でも人前式でもだいたい30分程度の時間がかかります。

 

披露宴会場への移動や休憩にも30分程必要になるので、大まかに見て1時間程度が挙式で平均的にかかる時間と考えればいいでしょう。

 

披露宴の平均所要時間はどのくらい?

 

一方、披露宴は2時間半ほどかかるのが一般的です。

 

ハシケン
中には3時間、4時間かかる場合もありますが・・・2時間半を超えると参加してくれてる人たちからもさすがに長過ぎると陰口を叩かれるので気をつけましょう

 

二次会の平均所要時間はどのくらい?

 

最も多いのが2時間でしょうか、いわゆる普通の飲み会とそれほど違いはありません。

 

ただし、新郎新婦があとから参加することが多いのとお見送りも考えると前後30分ずつで計3時間を見ておいてもいいでしょう。

 

 

結婚式・披露宴は午前に開始した方がいい? それとも午後?

 

式場の空きのスケジュールとの兼ね合いにもなりますが、挙式を午前に始めるか午後に始めるかは意外と奥が深い問題です。

 

まずはそれぞれのメリット・デメリットをおさえておきましょう。

 

午前に結婚式を開始した場合のメリット

 

☑ 結婚式は元々午前や明るいうちが望ましいと言われてるので、年配の人に受け入れられやすい!

☑ 終わる時間が早くなるので、来てくれた人たちが帰りやすい!

☑ 食事のタイミングが昼ごはんと合わせやすい!

 

午前に結婚式を開始した場合のデメリット

 

☑ 遠くから来る人達は、出発が相当早くなる・・・

☑ 女性は着付けなどを早朝に行う必要がある・・・

☑ 二次会の時間との調整が難しい・・・

☑ スケジュール的に空き時間が出来てしまう可能性がある・・・

 

午後に結婚式を開始した場合のメリット

 

☑ みんな、朝に余裕を持てる!

☑ 二次会に出ない人は夕方いいくらいで帰れる!

 

午後に結婚式を開始した場合のデメリット

 

☑ 午前を持て余すこともある・・・

☑ 二次会の終わりが遅くなるので、遠かったり次の日早い人はしんどいかも・・・

☑ 披露宴での食事の時間がおやつの時間になってしまう・・・

☑ スケジュール的にいっぱいいっぱいになってしまう可能性も・・・

 

 

ハシケン
どのタイミングにしてもなんだかんだあるのは事実です。

来てくれるゲストの距離などを考えながら、一番良さそうなタイミングを探しましょう!

 

 

二次会のことも気になると思いますが、あまりにやることが多く自分たちで準備できない時にはおもいきって2次会本舗といった専門業者に頼むのも一つの手です。

 

スポンサードリンク

結婚式当日のタイムスケジュールと流れ 挙式までの平均時間や当日準備など

 

★以下のタイムスケジュールでは、一般的な教会挙式で招待客約50~60人の着席スタイル・コース料理形式のケースを例に進めます。

この場合、挙式30分・披露宴2時間半というのが最も多い基本パターンとなります。

 

挙式当日リハーサル~ 受付

 

事前準備は割愛して、いざ挙式当日です。

 

3時間前 新郎新婦ご来場

 

会場によっても異なりますが、新郎新婦は参列客よりも大分早い会場入りとなります。このタイミングで、二人だけの写真撮影・会場でのリハーサルなどを行います。

気分を高めつつ、ゲストをお出迎えする心の準備をしましょう。

 

30分前 一般招待客のご来場、受付開始

 

適度に顔を出し、懐かしい人に軽く挨拶する余裕もあるかもしれません。列席親族の顔合わせや親族の集合写真の撮影などもこの間に行う場合があります。

 

挙式

 

ハシケン
わかりやすいよう、挙式開始時刻を0:00としてスタートします

 

0:00 列席者の入場を済ませ、いざ開式。

・・・新郎も入場して、新婦を待ちます。

0:05 新婦の入場。バージンロード

0:10 讃美歌斉唱・聖書朗読

0:15 誓約 指輪の交換・ベールアップ・結婚宣言

0:25 新郎新婦退場 ライスシャワー・フラワーシャワー

幕間

 

0:30 挙式終了 

・・・ブーケトスの後、しばしの歓談タイムです。新郎新婦を囲んでの記念撮影なども行います。

0:45 参列客の休憩時間、同時に披露宴会場への誘導も行います。

・・・披露宴からの列席となる招待客がいる場合は、ここで受付をします。

 

 

披露宴の流れと時間平均『序盤』

 

開宴

 

ハシケン
招待客の会場入りです。新郎新婦が入り口でお出迎えすることが多いですが、招待客が着席後に初めて姿を見せるご披露目もあります。

 

1:00 開宴の辞

・・・司会者の開宴の辞で、いよいよ宴の始まりです。まずは新郎のウエルカムスピーチで、列席者にご挨拶をします。

新郎新婦プロフィール紹介

 

1:10 仲人挨拶・新郎新婦プロフィール紹介

・・・ご仲人による新郎新婦の紹介。司会者に任せたり、映像やスライドを使って見せる場合もあります。

 

 

祝辞、乾杯

1:15 主賓祝辞

・・・両家の主賓から各1人、ご祝辞を頂きます。

 

ハシケン
みんな乾杯お預け状態なので、簡潔なお言葉をお願いしときましょう!

 

1:20 ケーキ入刀・ファーストバイト

・・・序盤のメイン演出です。※お色直し後のメイン演出のタイミングで行われる場合もあります。

1:25 乾杯

お食事・ご歓談

 

1:30 お食事スタート

・・・列席者に親睦を深めてもらったり、両家親族が招待客への挨拶回りをします。

お色直し

 

1:45 新郎新婦一時退場

・・・お色直しのためまずは新婦の一時退席です。

 

ハシケン
新郎は時間の許す限り席に留まりましょう、式中唯一の孤独な時間ですがじっと我慢です

 

披露編の流れと時間平均『中盤』

 

新郎新婦、再入場

 

2:15 新郎新婦再入場

・・・キャンドルサービスなどの入場演出で、各席を回ります。前後に生い立ちや馴れ初めなどのVTR映像を流したりもします。

 

 

招待客スピーチ・余興

 

2:30 列席友人らによるスピーチ・余興

・・・両家の招待客から各2~3組として、各5分前後が限度でしょう。

 

ハシケン
持ち時間を守ってもらうようお願いするのは当然ですが、時間が読めない余興がある場合は当日キャンセルしても失礼のない仲の人を入れておくと便利(?)です。

祝電

 

2:50 司会者による祝電の披露

・・・全文の読み上げは数通に留め、残りはお名前だけの読み上げで済ませます。

メイン演出・新郎余興

 

3:00 新郎新婦による余興・演出

・・・招待客を楽しませる演出やゲーム、サプライズ企画など行います。個性の出しどころですが、時間や予算・準備期間の都合に応じてプランニングしましょう。

 

ハシケン
デザートビュッフェなどを用意して、列席者にご自由に動いていただく時間にしてもいいですね。

 

 

披露編の流れと時間平均『終盤』

 

手紙朗読・花束贈呈

 

3:15 新郎新婦によるご両親への感謝の儀

・・・お互いの両親への花束贈呈の前に、新婦から両親への感謝の手紙が朗読されることが通例です。列席者の感動を誘う山場の一つです。

宴もたけなわなので、新婦はここに感情のクライマックスをもっていきましょう!

謝辞・挨拶

 

3:20 新郎新婦ご両家による謝辞挨拶

・・・主に新郎、または新郎の父親が両家を代表して列席者に謝辞挨拶を行います。

退場・送賓

 

3:25 披露宴お開き

3:30 招待客退場。新郎新婦・ご両親によるお見送り

・・・引き出物、ドラジェ(お菓子)を招待客にお渡して、列席のお礼とともに幸せのおすそ分けをします。個人個人に向けてのメッセージカードなど添えてもいいですね。

 

結婚式~披露宴にかかる平均的な時間のスケジュールとまとめ

 

以上、代表的なイベントを押さえておおまかなタイムテーブルをつくるとだいたい以下のようになります。

 

受付       30分

挙式       30分

移動       30分

披露宴   2時間30分

送賓       15分

 

もちろん、式や宴の見せ方は人それぞれで演出も多種多様です。

 

実際の式では専門のプランナーさんがご両人に見合った適切なアドバイスをしてくれますし、式当日も現場スタッフさんが万事臨機応変に対応してくれるでしょう。

 

ハシケン
無茶なプランニングは問題ですが、なによりご両人の気持ちが列席者の皆様に伝わる場にすることが大事です。

一生の記念の宴になるよう、新郎新婦で力を合わせて頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

1/26開催、残り6席

スポンサードリンク