結婚式の動画を用意するときのスケジュールと手順はこれだ!

時間 かかる 大変

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

  1. 【デジ絵ワークショップ】⇒パソコンで絵を描く基本手順がたった一日で理解できる! 次回7/23秋葉原開催、先着6名様限定!
  2. 【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵であなたをブランド化しよう! ひと月限定6体完全受注制作販売中!

 

どうも、最近糖質制限に心惹かれるハシケン(@conteanime)です。

 

結婚式のプロフィールムービーなどの記念映像を用意するときは、いったいどんなスケジュールでどのような工程を経ていけばいいのか?

 

・・・初めて作る人がほとんどでしょうし、何から手を付けるか悩みますよね。

 

日常や他の準備で忙しくついつい後回しにしがちですが、ムービー周りは想像以上に手間のかかることが多いので出来る限り早めに動き出すほうが最後の調整期間も取れて断然おすすめです。

 

ということで今回は、ムービー制作を考える上での期間や工程をまとめてみました。ムービーの種類などによっても前後しますが、概算として参考にして下さい

 

スポンサードリンク

結婚式の何日前から動けば問題なく完了できるの?

 

予定 確認

 

半年前・・・起動!

 

式場を訪れる時期と併せて、様々な演出など考えだすと思います。その際ムービーのイメージも併せて考え始めるといいでしょう。

 

三ヶ月前・・・死守;

 

具体的な内容の方向性を絞り、業者に依頼か自作か確定して作業を開始したいタイミングです。

 

一ヶ月前・・・目標?

 

この頃に完成していると他の準備に手が回せてだいぶ楽ですが、なかなかそううまくはいかないと思います(笑

またやたらに早く完成していると、見返すことも増え『粗』が見えて余計な調整を加えたくなるわけで・・・良し悪しですね。

 

二週間前・・・理想♪

 

順調に進んでこの辺に仕上がりでしょうか、その後の確認にも若干時間が取れて適度なタイミングだと思います。

 

二、三日前・・・締切〆

 

どんなに遅くてもここまでには手元に届いてる状態にしないと危険です、気をつけましょう。

※・・・ちなみに自分は半自作スタイルで式前日でしたが(苦笑

 

 

式の日にちから逆算して使用するなど、だいたいの目安としてみてください。内容によってもかなり前後はありますので常に余裕を持って動いていきましょう。

 

ムービーの具体的な制作手順って何すればいいの?

 

段階 手順

 

業者か自作か友人・知人か?

 

まずはどこに頼むか、予算や人間関係から考えましょう。

※ここ次第で以降のやることは結構変わりますが、基本的な流れを追っていきます。

 

ムービーの方向性

 

どのようなムービーにするのか決めます。ごく一般的なスライドムービーにするか個性的なこだわりを込めたものにするか・・・予算や期間との兼ね合いも重要なので、やたらオーバースペックなものを求め過ぎないよう気をつけましょう。

 

構成

 

方向性が決まれば、次はどのような流れで見せるか構成を決めていきます。業者に頼んでいる場合は専用シートをもらって記入したりインタビューされたりしますが、自作や友人知人作であれば当然自分で決めていくことになります。

ネットで検索して世間にはどんなムービーがあるのか調べつつ、進めましょう。基本的には過去→現代→未来(イメージでもあれば)の時系列で、思い入れある出来事を並べれば問題ないでしょう。

 

資料集め

 

構成にそって、必要となる写真や動画・あるいはイラスト等の素材を揃えていきます。実際にムービー化しながら足りないと気づくこともあるので、事前の段階でなるべく多く集めておくといざというときに便利です。

 

コメント

 

写真や動画毎にどんなコメントやセリフを載せるか決めます。※構成や資料集めと関連して進める場合もあります。

ウケを狙ったり、涙をさそったり色々なやり方はありますが、どちらにしてもメリハリをつけた流れにするのが重要です。ダラダラと一方によったまま進んでいくと見ている方も辟易しがちなので、気をつけましょう。

 

 

確認、調整

 

一通りムービーが仕上がったら通して見て全体を確認します。まずは大きな部分での問題を洗い出し、その後に細かい文言などを確認していきましょう。※細かい部分からやりだすと時間がかかってしまうことが多いためです。

作業の残り時間にもよりますが、可能な限り納得行くまで調整しましょう。業者に依頼している場合は調整回数や期間など取り決めがある場合が多いので、事前の契約にしっかり目を配っておきましょう。

 

 

・・・あくまで基本的な流れですが、最低でもこのくらいのことを行う必要があります。

 

自作になるとさらに実作業が増えて、かつ面白いものにしないといけないというプレッシャーも出てきますので格安業者に写真スライド型を頼む・・・という選択肢のコスパの良さも、きっと痛感していくでしょう(笑

 

スポンサードリンク

特に気をつけておきたい部分

 

注意

 

式場側の可否

 

そもそもの話ですが、ムービーを持ち込めるかという事を予め確認しておきましょう。最近では殆ど無いと思いますが、ごく一部の式場では提携業者でないとダメだったり、ムービー自体の種類や時間などに制限が加わる可能性もあります。

 

スクリーンのサイズ、オーディオ関連

 

式場の上映環境を確認し、ムービーの画面サイズを理解した上で業者に依頼したり自作を進めるなどして下さい。あとでの調整が面倒くさくなる場合もあるので、必ず先に行っておきましょう。

 

 

上映回数と時間

 

ムービーにはいくつか種類があります。オープニング・プロフィール・余興・エンドロール・・・等々。

用意するものはどれとどれでそれぞれどのくらいの長さになるのか、式の流れとも関わるので予めプランナーさんなどに確認しておくほうが無難かもしれません。ムービー以外の演出との兼ね合いで、浮いた感じにならないかも気にしておきましょう。

 

 

 

音楽素材

 

2014年より、結婚式における市販の音楽素材の取り扱いがかなり厳密になりました。式場で直接流したりムービー内で使うにもISUMというところを介してないと最悪の場合後で請求される場合もあるかもしれません。

制作依頼する業者が加入してるか確認したり、または式場にも直接聞いておくことをおすすめします。

※ちなみにコンテアニメ工房はISUMに登録済みですのでご安心下さい。

 

 

試写

 

業者のものでも自分で用意したものであっても、式場の機器を使ってムービーのDVD(ブルーレイなど)が問題なく上映でき音もでるか必ず確認しましょう。

ごくまれにですが、再生できなかったり上映できないこともあります。必ず式の前日までに一度は式場で確認するつもりで予定を組み、進めて下さい。

 

 

その他としては、予備のDVDを一枚用意しておくのもいいでしょうし、音割れしてないかの確認などもいいでしょう。なんにせよぶっつけ本番だけはしないように気をつけて下さい、万が一、当日に再生できないことが判明するとえらいこっちゃです。

 

さいごに、

 

明るい未来

 

結構やることが細かく分かれていて『うぇっ・・・』と感じるかもしれませんが、連動して進んでいくので字面で見るよりもうちょっとコンパクトな工程になると思います(笑

 

ただ、式の前というのは日々の仕事にさらに招待状や人の手配など様々な準備が加わっていて超多忙な期間ですので前もって早めに動いていけるようにしてください。

 

逆に言えば、時間的な余裕さえあれば後でなんとかなることも多いのでとにかく前倒しで進めていくことが何よりオススメです。


 

時間 かかる 大変

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる』

 

ワークショップ アイキャッチ

 

自分で絵を描いて使いたい人対象の

【デジ絵ワークショップ】!

 

PCで絵を描いて使う基本手順が1日で理解できます。

 

次回開催7/23、秋葉原で!

 

『顔出しせずに覚えてもらおう!』

 

キャラデザサンプル

 

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。

 

表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!

 

きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年2月時点で月間25万PV突破)。