プロフィールムービーの曲って個人が好きに選んで使って大丈夫?

音楽 ブライダル

スポンサードリンク

★デジタルで絵を描いて活用したいあなたのための特選サービス★

【デジ絵ワークショップ】⇒ たった1日でデジタル絵の基本の描き方が理解できる! 

1/26開催、残り6席!

 

どうも、hashiken(@conteanime)です。

 

多くの方があまりご存じないと思いますが、実は2014年4月から結婚式における音楽素材の扱いがたいへん厳しくなりました。

 

これまでグレーだった部分がそうでなくなったといいますか・・・市販の楽曲などを式で流したい場合には明確な届けと代金が必要になりました。

 

個人的に思うところも色々あるんですが、この記事としては現状と対策のみを述べるに留めたいと思います。

 

※またこの件のように、知的財産物を厳重に守ろうという流れは最近のTPP絡みでも色濃く出ていますので、おそらく今後進む事はあっても戻る事はないと思われます。それ自体は良いんですが・・・ねえ、というか。


 

 

音楽の扱いに関し対応するため新設された著作権取り扱い団体「ISUM」という所もあり、当サイトもプロフィールムービーなどを受注制作している関係上、一応登録しています。

 

ISUM 公式バナー

 

例としてお客様の希望でコンテアニメムービー内で既存のミュージシャンの楽曲を使いたいとなった際には、ISUMを経由して使う必要が出てくるわけです。

 

※ちなみに検討の結果コンテアニメの場合、そのような市販の楽曲を使うより物語の展開に合わせた曲素材を用いる方が総合的に盛り上がると判断したので現在は市販の歌手曲などは基本的に使わない仕様で進めています

 

・・・様々なご意見はあると思いますが何卒ご了承ください、そう決断した理由は以下に記してあります。

 


 

お金 高い 悩み

 

好きな歌手の曲をお客様の所有されてるCD音源からでも使おうとすると、音源を持っていてもさらに一曲あたりで3000円弱かかってしまうんです。

 

場面ごとにそれを使おうと思うと、単純に「×曲数」が料金に上乗せになってかなりのご負担増なので、残念ながら無しの方向にした次第です。

 

それだけお金のかかるものを、シーンの長さに合わせて短くカットしたりするのも実際しのびないですからね・・・(苦笑

 

またムービーというものはどうしても細かい場面変換というのが必要なので、それに合わせて使える曲素材でないと商品としてうまくいかないというのが正直なところなんです。

 

 

 

 

「たった1日でデジタル絵の基本がわかる!」

 

初心者向けデジタルイラストワークショップ

 

プロの直接指導による4時間のワークショップで、

デジタルで絵を描く基本の「アニメ塗り」が理解できます。

あなたも絵を自由に描いて、好きに使ってみませんか?

 

1/26開催、残り6席

スポンサードリンク