結婚式の余興ってどんなものがあるの?新郎新婦は何したらいい?

チャペル

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

  1. 【デジ絵ワークショップ】⇒パソコンで絵を描く基本手順がたった一日で理解できる! 次回7/23秋葉原開催、先着6名様限定!
  2. 【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵であなたをブランド化しよう! ひと月限定6体完全受注制作販売中!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

個人的には結婚式における演出をしっかり計画して楽しませるまでが、新郎新婦側の義務と思っています(笑

 

いくら親しい間柄とはいえ、忙しい中わざわざ時間とお金かけて来てくれる相手につまらないと感じさせたくはないですよね??

 

ということで、新郎新婦のお二人はしっかり頑張らなければいけません(断定

 

ネットをうまく使い、他の人のアイデアも参考にしつつ自分達らしいプランを考えていきましょう。使えるものは何でも使えばいいんです!(笑

 

 

スポンサードリンク

音楽

 

結婚式場 招待客

 

友人代表が歌ったり、演奏したりパターンも豊富ですよね。コミカルなものもあれば、技術でうならされるものもあり、または新婦の父親が必死で練習して・・・なんてのもあります。

 

寒いな、つらいな、痛いなとか思わせる楽曲でさえなければいいように思います(笑 狙いすぎさえしなければいいのかもしれません。

 

お笑い

 

新郎の大学時代の友人、とかが複数でネタやコントをやるものもたまにありますよね。

 

個人的にはトイレタイムです・・・笑ってあげなきゃ的な空気が苦手です(苦笑

 

旬の一発芸人のギャグや一部しかわからない内輪ネタなどやられた日には、お願いだからやめてくれと静かに絶叫したくなってしまいます。

 

くやしい はずかしい 地団駄

 

スポンサードリンク

手紙 

 

最後の新婦から両親へという定番的以外でも、たとえば祖父母が孫へ読んだりなんてのもありますよね。これを、内輪ネタというのはさすがに酷でしょう・・・。

 

ただ、聞いていて頭に残るかと言われるとやっぱり知らないエピソードが延々続く分右から左へ抜けていくことが多いのは大変申し訳ないっ・・・!!の一言です。

 

自分の亡き祖父母の事とか思いだして、ウルッと感情移入することは割とある気がします。おそらくここに関しては唯一、あまりゲストの事は考えず新郎新婦が自分たちのためにやってもきっと許される部分でしょう。

 

ゲーム 

 

ビンゴが定番でしょうか、個人的にそんな好きな催しではないんですが商品の質に寄りすぎる事も無く盛り上がってる事が多いですね。当たった時に一言求められるのが苦手なんですよね・・・アドリブ弱くて(笑

 

企画する人は、ゲストの中にはそういう考えをする人がいるということも理解しつつやってもらえるといいのかもしれません(笑

 

 男 ガッツポーズ

 

映像

 

 

過去記事でも書いてますが、内輪になりすぎなければ程よい存在感を発揮するんじゃないでしょうか。むしろ最近は映像がまったくない式の方が珍しいかもしれないですね。

 

 

ただ、あまり無理をしたものにし過ぎないで新郎新婦のお二人に即した雰囲気の方がいいとは思います。来場者はそういうお二人と知って来てるわけですし、あまり突飛なものを流されてもギョッとしてしまうかもしれませんしね。

 

・・・演出を考える時のポイントとして、

 

結局は、その時間をゲストにどう過ごしてほしいか?・・・という心遣いが一番大事だろうと思います。様々な付き合いの人を呼んでる状況ですし、偏りはなるべくなくしたいですよね。

 

プランが固まったら一度距離を置き、誰にどう受け取られるか考えてみましょう。全員を楽しませるのが理想ですが、ターゲットが広いとその分散漫になりますのでとにかくバランス感覚が大事になります。

 

やりたい事と、色々な式を見て取り仕切ってきた式場のプランナーさんの意見も上手く混ぜ混ぜしつつ・・・個性のある素敵な式に出来るといいですよね。

 


 

 

チャペル

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる』

 

ワークショップ アイキャッチ

 

自分で絵を描いて使いたい人対象の

【デジ絵ワークショップ】!

 

PCで絵を描いて使う基本手順が1日で理解できます。

 

次回開催7/23、秋葉原で!

 

『顔出しせずに覚えてもらおう!』

 

キャラデザサンプル

 

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。

 

表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!

 

きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年2月時点で月間25万PV突破)。