色々あってよくわからない・・・結婚式の動画って何が必要なの?

結婚 カエル プロポーズ

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

キャラデザ

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

★毎月限定6体まで、完全受注制作で絶賛販売中!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

 

上の内容の記事を以前書きました。なにげにその辺りで悩んでる人達も多いみたいなので今回改めて書いてみようと思います。

 

※あくまで式の予算に上限があって節約できるならしたい・・・と考えてる人向けなので予算は青天井じゃいという方はなるべくサクッと読み飛ばして下さい(笑

 

スポンサードリンク

結婚式の映像、三種の神器

 

 

こちらの記事でも書いてますが、結婚式の基本ムービーと言えば主に3種類になります。(直上のブログではその他も含んでるので7にしてます)

 

「オープニング」

「プロフィールムービー」

「エンドロール」

 

重要度で並べてみた場合はやはり、

 

プロフィール > エンドロール > オープニング

 

・・・と言う感じでしょうか。

 

参考までに、自分の結婚式ではプロフィールとエンドロールを自作しました。プロフィールがいわゆるコンテアニメの原型なんですが、思い返してみるとオープニングって作るつもり全然なかったですね。音楽だけでいいやと、なんとなく思ってました。

 

それぞれの演出の目的

 

結婚式 撮影 ムービー 花嫁

 

実際に誰かの結婚式に行った方はわかると思いますが、流すタイミングはともかくプロフィールは殆どの方がやってるんじゃないでしょうか。式には新郎新婦の幼いころから大人になるまでの知り合いや親族が来ますから、その全ての人にどっかしら共感して楽しんでもらうためには新郎新婦の一生をピックアップして流すプロフィールムービーが最適なんでしょうね。

 

エンドロールはその次に重要とされていますが、これも演出的な盛り上がりとして最後にひと泣かせあったり、もしくは式が終わる際にいい塩梅の余韻を感じさせるために使い勝手がいいわけです。来てくれた人の名前をテロップで入れて感謝もできますしね。

 

一方のオープニングですが、これは式の始まる際(式場の中がざわざわと落ち着かず、皆が皆その場の空気を読みつつ今日はどんな風になるんだろうかとそわそわしてる時)に流すわけですね。要は賑やかし・・・というとちょっとあれですが、これから走り出すためのアクセル一発目と言いますか(笑

 

なんにせよ、そこは音楽であったりで代用が効いてしまうんですよね。だからもし上の三つの中で節約しようと思ったらまずはオープニングになるのかなと、そう思います。

 

式における考え方として、参考までに

 

新郎新婦側が一番考えるべきは、来てくれた人をいかに楽しませるかだと思ってます。当日は確かに自分たちが主人公ですが、その日までにあれやこれや考え準備していくという部分は完全にプランナーです。やるとわかりますが・・・実際しんどいもんです(笑

 

オープニングで派手な映像使って一気に場の雰囲気高めるのはありですが、打ち上げ花火だとも思うんですよ。そこを派手にやりすぎてあとが地味になるとバランス取れないから、じゃあ全部派手にやらねば!・・・みたいになってキリないと思うんですよね。

 

むしろ、大勢の心に残るようなものを大事に考えるべきじゃないかと思うわけです。みんなも楽しめて、自分たちも楽しめて、かつその時だけで終わるものではなくて式が終わってからも見返したりできるような。

 

判断基準

 

これはあくまでも実感なんですが・・・結婚式用に作ったムービーというのは、基本的にその後見返す事って少ないんですよ。式の現場で撮った写真なんかも、元々思ってたほどは全然見ないです。やっぱ照れくさいんですかね?

 

あとは式のビデオですね。ウチはプロに頼む事は結局しませんでした。写真の方をプロにお願いしたんで取捨選択でビデオは諦めたんですが、式中に友人にビデオ自体撮ってもらってたんですが数回見返して終わりです(笑 正直いつまでも見るものではないので、そういうことは理解したうえで検討した方がいいと思います。

 

あとに残すものかそうでないか、その場の演出に過ぎないのかそうでなく永遠の記録にするのか?

 

というような観点で考えてみると、結構考えやすいんじゃないでしょうか。とにかくまとめるとお安くなりますからオープニング~プロフィール~エンドロール1セットでいかがっすか!?・・・みたいにゴリ押ししてくる相手には、くれぐれも気をつけて下さいね(笑

 


 

結婚 カエル プロポーズ

『顔出しせずに覚えてもらえる!』

キャラデザサンプル

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵


【キャラデザ】!


きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。