結婚式用プロフィールムービーで使われる人気のアニメ演出って何?

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】厳選商品&サービス

  1. PCとペンタブで絵を描く手順が知りたい⇒【ワークショップ】次回4/16東京開催予定!
  2. 写真以上に自分を魅力的に見せる分身が欲しい⇒ 【キャラデザ】月5体限定生産販売中!
  3. デジタルで絵を描く初めの一歩が知りたい⇒【特製E-book】今なら無料でプレゼント!

 

どうも、ハシケン(@conteanime)です。

 

結婚情報誌ゼクシィの調査によると、最近の結婚式では7割くらいのカップルが演出にムービーを使っているそうです。(※自作・業者制作等含む)

 

コンテアニメ 結婚式

 

※ここで言う【アニメ】はを素材に用いたものを指します。一部で流行っている、切り抜いた写真を並べて動かすような【パラパラアニメ】は含みません。

 

スポンサードリンク

有名版権のパロディ系 

 

結婚式 パーティ ムービー

 

少し前でいえばアナ雪であったり、定番的なサザエさんドラゴンボールドラえもんエヴァンゲリオンなんかが元ネタとして多用されているようです。

 

大手ブライダルムービー販売サイトも結構商品として扱ってます。

 

やっぱり元々の認知度が高いせいか、ゲストの受けも見込みやすいのでしょう。ネタの活かし方もノウハウあるでしょうし、元ネタがある分早く作れますよね。

 

 

補足としては、下記の過去記事にも書きましたがブライダルに使うBGMの著作権が厳しくなったので特に自作でムービー作成を行う場合はしっかり下調べをする必要があります。

 

 

いわゆるムービー業者を選ぶ場合には、ISUMという団体と必要な契約をしてるかどうかを最初に確認して選べば問題ないです。

 

自作なども含む、アニメ系 

 

コンテアニメ サンプル画像

 

当サイトの商品であるコンテアニメはここに含まれますが本当にバラエティ豊かです。

 

中にはクレイアニメという、粘土の様なものでキャラクターを作り一コマ一コマ動かし連続の動画として見せる表現も使ったり―――こだわる人は本当にすごいです。

 

 

結婚式は来てもらった人をどのような世界観で楽しませるかという考え方が最近の新郎新婦さんのこだわりとしてあるようで、そこに一番マッチするやり方は何か・・・ということになるようです。

 

 

ブライダル産業新聞 掲載画像

 

そういう意味では今の時代は普通のスライドムービーとかよりも、かなり独自性を求められているのかもしれません。新郎新婦のお二人の選択センスがかなり重要になりそうですね(笑

 

傾向として

 

調べてみるとアニメの現状のパターンは大きくまとめて2種類でした。正直もっとあるだろうと思っていたので、ちょっと意外でしたね(笑

 

先日、結婚情報誌の方とお話する機会があったんですが、ムービーはまだまだ新しい余興ジャンルのくくりらしいです。定番化こそしていますが、普通に使われるようになったのはパソコンの進化に比例していてまだここ十年程度らしいんですね。

 

最近はプロジェクションマッピング使っている業者もありますし予算さえあればもう本当に何でもできるようです。

 

ぜひ、しっかりと事前調査をして一生の記念となるようなお気に入りのムービーを作ってみてください。

 

 

自分で絵を描いて自由に使えるようになろう!

 

鉛筆での落描き程度が出来るなら

きっとあなたもデジタルで

絵が描けるようになります。

 

『絵』でGoogle検索1位に表示される

【コンテアニメ工房】特製無料E-book

高く感じるデジタルお絵描きのハードルを

一気に飛び越えましょう!

 

コンテアニメ工房 Ebook

たった一日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる!

 

ワークショップ アイキャッチ

 

ペンタブで絵を描きたい大人の初心者向けのワークショップです。

一緒に手を動かして、描くために必要な要素に集中して理解できます。

 

次回開催は4月16日(日)!

 

顔出しせずにネットで副業も始められる!

 

普通、あなたの人となりが見えないと

webからの仕事には繋がりません。

 

顔出しに抵抗ある会社勤め中の方や女性、

個人事業主さん達にオススメなのが

全身アニメ似顔絵の【キャラデザ】です。

 

そっくりで魅力的なキャラクターを使えば、

直接顔を見せていなくても

現実のあなたと違和感ない対応が可能です。

むしろ現実以上に愛着を感じてくれるかも?

  

キャラデザ CTA 1103

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives(クリエイト アーカイブス)代表兼アートディレクター。千葉県柏市在住。若いころは漫画家を目指し活動、その後は遊技機やスマホゲーム制作に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』(㈱トレード企画)キャラクターデザイン、『海賊道』(㈱gumi)『戦国修羅SOUL』(㈱クリーク・アンド・リバー社)のアートディレクションなど、オリジナル・版権モノ問わず多数。 2015年独立、絵に特化したブログサイト【コンテアニメ工房】を同8月末に開設し個人事業をスタート。※2017年1月時点で月間20万PV突破。アニメ似顔絵【キャラデザ】や企業キャラクター制作・アニメ動画広告の受注制作を展開しつつ、誰でも『絵の力』を自由に活用できるための【デジタルワークショップ】、イラストを活用するためのセミナーなど順次展開中。