最近の結婚式用プロフィールムービーで使われる人気アニメ演出ってどんなの?

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

  1. 【デジ絵ワークショップ】⇒パソコンで絵を描く基本手順を1日で理解しちゃおう! 次回7/23秋葉原で開催、間もなく募集終了
  2. 【キャラデザ】⇒表情の変わる似顔絵であなたを覚えてもらおう! 完全受注制作販売中!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

結婚情報誌ゼクシィの調査によると、最近の結婚式では7割くらいのカップルが演出にムービーを使っているそうです。(※自作・業者制作等含む)

 

中でも最近多いアニメ演出には主にどのようなものがあるかを、今回は簡単にまとめてみました。

 

コンテアニメ 結婚式

 

※ここで言う【アニメ】はを素材に用いたものを指します。一部で流行っている、切り抜いた写真を並べて動かすような【パラパラアニメ】は含みません。

 

今月のイチオシキャンペーン♪
bridal

Hanayume

  • せっかくこだわって用意したプロフィールムービーも、雰囲気の合わない式場を選んでしまっては意味がありません。
  • 全国の結婚会場情報をもち、ブライダルフェア・式場見学予約のできる『Hanayume』で理想の結婚式場を見つけましょう。
  • 式場予約をすると、半年以内に挙げた結婚式の費用が最大100万円以上もお得になるハナユメ割が使えます。
  • さらに今だけ、ブライダルフェア予約などで最大3万円もの商品券がもらえる特別キャンペーンも開催中です。

スポンサードリンク

有名版権のパロディ系 

 

結婚式 パーティ ムービー

 

少し前でいえばアナ雪であったり、定番的なサザエさんドラゴンボールドラえもんエヴァンゲリオンなんかが元ネタとして多用されているようです。

 

ハシケン
元々の認知度が高いせいか、ゲストの受けも見込みやすいんでしょう。ネタの活かし方もノウハウあるでしょうし、元ネタがある分早く作れますよね。

 

下記の記事にも書きましたが、最近はブライダルに使うBGMの著作権が厳しくなったので特に自作でムービー作成を行う場合はしっかり下調べをする必要があります。

 

 

ムービー業者を選ぶ場合は、ISUMという団体と必要な契約をしてるかどうかを最初に確認してください!

 

自作なども含む、アニメ系 

 

コンテアニメ サンプル画像

 

中にはクレイアニメという、粘土の様なものでキャラクターを作り一コマ一コマ動かし連続の動画として見せる表現も使ったり―――こだわる人は本当にすごいです。

 

 

結婚式は来てもらった人をどのような世界観で楽しませるかという考え方が最近の新郎新婦さんのこだわりとしてあるようで、そこに一番マッチするやり方は何か・・・ということになるようです。

 

そういう意味では今の時代は普通のスライドムービーとかよりも、かなり独自性を求められているかもしれません。新郎新婦のお二人の選択センスがかなり重要になりそうですね。

 

スポンサードリンク

傾向として

 

調べてみるとアニメの現状のパターンは大きくまとめて2種類でした。

 

ハシケン
・・・正直もっとあるだろうと思っていたので、ちょっと意外でしたが(笑

 

 

実は先日、有名結婚情報誌の方とお話する機会があったんですが、ムービーはまだまだ新しい余興ジャンルのくくりらしいです。定番化こそしていますが、普通に使われるようになったのはパソコンの進化に比例してまだここ十年程度の話らしいんですね。

 

最近はプロジェクションマッピング使っている業者もありますし予算さえあればもう本当に何でもできるようです。

 

ぜひ、しっかりと事前調査をして一生の記念となるようなお気に入りのムービーを作ってみてください!

 

 

↓ 次のページはこれ! ↓

 

 

 

『たった1日でデジタル絵の基本的な描き方がわかる』

 

ワークショップ アイキャッチ

 

自分で絵を描いて使いたい人対象の

【デジ絵ワークショップ】!

 

PCで絵を描いて使う基本手順が1日で理解できます。

 

次回開催7/23、秋葉原で!

 

『顔出しせずに覚えてもらおう!』

 

キャラデザサンプル

 

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。

 

表情も変えられる全身アニメ似顔絵

【キャラデザ】!

 

きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。