【雑多と特化】ブログの型を決めて書くメリット・デメリットとは?

ブログ 特化型 雑多型

スポンサードリンク

『絵』でGoogle検索1位に表示される【コンテアニメ工房】特選商品&サービス

キャラデザ

【キャラデザ】⇒表情の変えられる全身似顔絵キャラクターであなたをブランド化しよう! 

★毎月限定6体まで、完全受注制作で絶賛販売中!

 

どうも、アートディレクターのハシケン(@conteanime)です。

 

ブログを書いて運営していく時に大きな分岐点となるのが、『雑多型』か『特化型』でいくかという部分です。

 

ブログで目指す方向次第で決めるのが王道ですが、わからないままブログを始めると途中で切り替える状況が出てきます。

 

ハシケン
当サイトはまさにそうで、開設半年が過ぎた頃に当時のやや雑多な状態から『絵』に特化したブログへとおもいきり舵を切って今に至っています。

特化型にしたことに関しては恩恵もあれば、難しい部分もあったというのが実感です。

 

今回は、ブログの型を決めて運営する際のメリット・デメリットなどをまとめてみます。方向性で悩んだら参考にして下さい。

 

★Wordpressでテーマに悩んでいたら、WordPress初心者こそカスタマイズしやすい有料テーマを選ぶべし!が参考になります。

 

スポンサードリンク

雑多型ブログと特化型ブログの違いとは?

 悩み

 

雑多型のブログは基本的にリージャンルで、特定のものに縛られず好きに書いたり旬のトレンドネタでPVの爆発を狙ったりすることができます。

 

一方の特化型のブログは、1つのジャンルに絞るものでビジネスブログなど専門生の高いものに多くみられます。一過性の爆発力より、Google検索からの安定した流入に適した形となります。

 

 

どちらがいいというものでもないので、ブログでかなえたい目的に合わせて選びましょう。どっちつかずだけはよくないので、決めるだけは決めて進めたほうが無難です。

 

ハシケン
当サイトは最初かなり中途半端だったので、なかなかPVが上がらず苦労したものでした・・・(笑

 

雑多型ブログのメリット・デメリットとは?

夢 実現

 

雑多型特化型とそれぞれの良い点悪い点を確認していきましょう。

 

雑多型ブログを運営するメリットとは?

 

  • ネタが尽きない
  • 瞬間的なPVの爆発がありうる
  • 幅広い人にブログを見てもらえる

 

何のネタでもいいなら当然ネタは尽きないので、特に記事の数でブログのPV数を伸ばしていきたいときにうってつけです。

 

ハシケン
何書いてもいいとはいえ個人の日記的なブログではPVは絶対上がりません、あくまでもキーワードなどしっかり選定しつつ好きなネタを書くということを知っておきましょう。

 

ブログ記事1ページ1ページは、Google検索からの入口となります。ジャンルが雑多で幅がひろいと様々な検索結果に顔を出す可能性が高まります。

 

さらに、トレンドネタと言われる流行り・季節ネタを先物買い(記事を書く)していけば場合によっては一記事が数万、数十万PVなどを叩き出すことさえあります。

 

一時期だけという側面もあります。

 

雑多型ブログを運営するデメリットとは?

 

  • 固定ファンがつきにくい
  • ブランディングのハードルが高い

 

様々なジャンルを扱うので、当然見る人も様々になり一見さんの割合が増えます。記事内のリンクや、関連記事などあっても見ずに帰る人が殆どになるでしょう。

 

雑多型でしっかりとブログのブランディングをしてるすごい人達も一部いますが、多くの場合ただ雑多という印象を持たれがちです。

 

ハシケン
なんでもいいとはいえ、一定の軸がないと書いていて線引が出来ず逆に苦しむかもしれません。

何かしらの筋を通しておくとまだ楽かもしれませんね。

 

特化型ブログを運営するメリットとは?

 

  • テーマを深掘りしていける
  • その道の専門家と認知されやすい
  • ブランディングしやすく、ビジネスに繋げやすい

 

ブログのメインテーマがはっきりしていて、記事もそれについて深く追求していくとGoogleからの評価も上がりやすいと言われます。

 

ハシケン
実際、当サイトも特化型にして専門記事を増やし始めてからはそのジャンル内でかなり強くなりました。
専門的なため、ブログのブランディングも容易になります。

 

Googleからも読み手からも『◯◯のブログ』と認知されるので、特にビジネスブログとして特定の商品・サービスを提供したいなら特化型以外ありえません。

 

特化型ブログを運営するデメリットとは?

 

  • ネタが尽きやすく、似たような記事が多くなる
  • 気楽な記事が書きにくい
  • 収益の道を増やすことが雑多よりやりにくい(場合も)

 

一方、当然出てくるのがネタの枯渇です。

専門的な深掘りと言っても、検索で読まれるキーワード選定をしながらなので必然的に似たような方向の記事が増えがちです。更新頻度も保ちたいとなると、テーマも限られている分尚更その傾向が高まります。

 

ハシケン

当サイトも、内容やキーワードがかぶってしまってる記事はボチボチあります。記事を更新しないと・・・という強迫観念が強すぎるとそうなりがちなんですよね(笑

 

また、専門生を高めたブランディングを行っていると無関係の気楽なネタの記事が書きにくくなる部分が生じます。

実際はそこまで気にしないでも大丈夫なんですが、ついメインテーマと関係なさすぎると書くのをためらってしまうんですね・・・。早めに打開策を見つけないとブログ更新自体行き詰まる可能性がある案外深刻な部分です。

 

さらに、いわゆる記事内のクリック広告やアフィリエイト的内容はビジネス然としすぎているサイトには加えにくい部分が出てきます。

当サイトは『絵』というジャンルで割とカジュアルなのでそこまでではないですが、もう少し硬いジャンルだとブランディング的に合わず・・・ある程度のPVがあっても収益の道を増やしにくいジレンマが発生する場合があります。

 

雑多と特化、どのように選ぶべきか?

キャラデザ 自信満々

 

良い悪いの類じゃなく、どちらが自分の目標に沿った形かと言う話なので間違わないようにしましょう。適当にしてると目標までの道のりがやたら遠回りになってしまうので、ブログの目標を決めたら雑多型がいいか特化型がいいかキッチリ決めましょう。

 

 

ただ特化型とは言え、1つのジャンルだけでやりすぎるのはあまり良くないと言われています。

 

せっかく出来たあなたのファンも、あまりに一つのことだけ書かれてたら疲れます。たまに別軸のことも入れることで、人間的な深みを感じてもらえてより好きになってくれるかもしれませんよ?

ハシケン
・・・嫌われることもありますが、それもまたご愛嬌です。お互いふるいにかけてると考えましょう(笑

 

 

基本的に、ビジネスを提供するブログならまずはテーマに合わせた記事内容で攻めましょう。次第に付随してくるものをある程度の範囲でまとめつつ、カテゴリ分けしていきましょう。

 

ハシケン
厳密にやりすぎてブログ書くこと自体がしんどくなってしまうと元も子もないので、くれぐれもほどほどに・・・(笑

さいごに、

 

参考までに、今このブログで主に書いているテーマは

 

  1. ブログ
  2. 個人事業主

 

の3つでやってます。

 

『絵』を主軸に据えて、事業を展開する上での『ブログ』運営ノウハウや『個人事業主』の立場としての経験・失敗談などをシェアしていきたいと思い進めてます。

 

実際今は『絵』という単独キーワードだとGoogle検索で1位表示されるので、それなりに認められているんだと思います。たしかに『絵』のネタの記事は割と早いタイミングで上位に出やすくなっています。

 

ハシケン
反面、『ブログ』『個人事業主』ネタで書いてもなかなか上に行きません(笑

 

『絵』と関係ないと判断されて、必要以上に低評価がくだされる・・・のかはGoogleのみぞ知る部分ですが、特化型の功罪と言えるかもしれませんね。

 

 

↓ 次のページはこちら! ↓

 

個人事業主におすすめ!屋号付き銀行口座の便利さと落とし穴とは?
 

 

ブログ 特化型 雑多型

『顔出しせずに覚えてもらえる!』

キャラデザサンプル

ビジネス・ブログであなたを認知してもらうには

愛嬌あるキャラクターが最適です。


表情も変えられる全身アニメ似顔絵


【キャラデザ】!


きっと写真以上に親しみを感じてもらえます。

ABOUTこの記事をかいた人

ハシケン

create archives代表兼アートディレクター。絵やブログを活用した差別化・ブランディングの専門家。長年絵を描く仕事に従事。代表作:『2027Ⅰ・Ⅱ』キャラクターデザイン・アニメーション制作、『海賊道』『戦国修羅SOUL』アートディレクション、その他オリジナル・版権モノ多数。 2015年独立、【コンテアニメ工房】を開設し個人事業開始(※2017年5月時点で月間28万PV突破)。